スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーブルマーク ホームラン軒 台湾まぜそば:甘辛だれに辛味がピリリ魚粉も効いたモチモチ太麺の汁なしそば

テーブルマーク ホームラン軒 台湾まぜそば

今日食べたのは、テーブルマーク『ホームラン軒 台湾まぜそば』。

ホームラン軒 台湾まぜそば | 即席めん | 商品情報 | テーブルマーク株式会社

ノンフライの太めもちもち麺に、にんにくを効かせた醤油とポークベースに練りゴマ・魚粉・唐辛子を加えたたれ、節粉と赤トウガラシと海苔という火薬がコラボした癖になる味のカップ麺らしい。

中身

蓋を開けると中身は説明通りのやや太めの麺と、特製たれにかやくの小袋が入っていた。ここに熱湯360mlを注いで5分。

できあがり

カップ焼きそばの要領で湯を捨て、たれを混ぜてかやくをかければ出来上がり。ニンニクが効いたたれの香りがなんとも食欲をそそる。

ひとすすり

ひとすすりするとたれはまろやかな甘辛さに、ピリリと辛味が効いたものだった。魚粉由来であろう魚の旨味も感じられる。それがもっちり歯ごたえのある太めの麺によく絡んでなかなかうまい。かやくはネギ、海苔、唐辛子、そして粉まみれの肉のようなものだが、最後のは食べてみるとサクサクした肉味スナックという感じだった。

原材料

原材料を見るとたれにはポークやニンニクなどのほかに、煮干しのパウダーも入っているらしい。加薬の謎肉は一応肉そぼろだったようだ。まぶされていた粉はむろ節の粉末らしい。また緑の葉はネギだけでなく、ニラも使われていた模様。

甘辛だれに辛味がピリリ、魚粉も効いたモチモチ太麺の汁なしそば。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

ローソン 紅茶のミニロール 紅茶クリーム:甘さ控えめで紅茶の風味を活かした上品なパン

ローソン 紅茶のミニロール 紅茶クリーム

今日食べたのは、ローソン『紅茶のミニロール 紅茶クリーム』。

紅茶のミニロール 紅茶クリーム 2個入|ローソン

もっちり生地にアールグレイ茶葉を練り込み、紅茶クリームをサンドしたロールパンらしい。

相棒-劇場版IV-|公式サイト

人気テレビドラマシリーズにして劇場版第4作が公開中の『相棒』とのタイアップ商品のようだ。主人公杉下右京が紅茶通であるところからだろう。

外観

封を切るとなるほどミルクティーの香りが広がる。取り出してみるとこんな感じ。細かい茶葉がたっぷり混ぜ込まれた山形のパンが2つ入っている。これを底に近い部分で水平にスライスし、クリームをサンドしてあるようだ。

断面

断面はこんな感じ。生地は中まで茶葉交じりのミルクティー色、そしてサンドしてあるクリームもまたミルクティー色だった。

食べてみるとパンは甘みのないコッペパン系、悪くはないがもっちりとはちょっと言い難い。クリームは特にホイップもしていないファットスプレッド、甘みはごく控えめだがその分紅茶の風味にあふれている。クリームがパサつきがちなパンになめらかな口当たりを与え、控えめな甘さが紅茶の風味を引き立てて上品な味わいを醸し出している。

原材料

原材料を見ると、紅茶クリームであろう紅茶ファットスプレッドとは別にファットスプレッドが使われているのは面白い。おそらく生地に練り込まれたものだろう。もちろん紅茶自体もしっかり配合されている。パン酵母で発酵させているが、発酵風味料も併用して味わいを補っているようだ。

甘さ控えめで紅茶の風味を活かした、上品なパン。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

COCO CRISP Golden Coconut Roll Coconut Flavour:ココナッツの甘香ばしい香りだけが楽しめるザクザク軽いロールクッキー

COCO CRISP Golden Coconut Roll Coconut Flavour

今日食べたのは、COCO CRISP『Golden Coconut Roll Coconut Flavour』。

COCO-CRISP, "THAI COOKIES ROLL"

タイのメーカー、COCO CRISPの製品。サイトは改装中?でトップしかない様子。ココナッツミルクなどを練り込んだ生地をロール状に巻き、サクサクに焼き上げたお菓子らしい。

外観

封を切るとココナッツ独特の、甘香ばしい香りが漂う。取り出してみるとこんな感じ。薄い生地を筒状に巻いて小口で一口大にカットし、焼き上げてあるようだ。筒の中は空っぽで、クリームなどは入っていない。

口に放り込むとザクザクと小気味いい歯触りの中から、程よい甘さと旨味がにじみだしてくる。コプラは入っていないようで、あのジャクジャクした食感はない。味自体はわりとありがちな甘いクッキーだが変な癖もなく、ココナッツの香りだけを楽しみつつおいしく食べられる。

原材料

原材料を見ると、ココナッツミルクのほかにココナッツシュガーというものも使われているようだ。これはココナッツの花の蜜を集めて煮詰めたものらしい。低GIでビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富という話もあるようだ。タピオカでんぷんも使われているが、これはグルテン低減が目的なのかもしれない。

ともあれココナッツの甘香ばしい香りだけを存分に楽しめる、ザクザク軽い歯触りのロールクッキー。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

ヤマザキ もち食感抹茶ケーキ:生地のしっとり弾力は確かにもっちりの和風ケーキ

ヤマザキ もち食感抹茶ケーキ

今日食べたのは、ヤマザキ『もち食感抹茶ケーキ』。

例によってサイトに情報はないが、もっちり食感の生地に鹿の子を散らし、抹茶風味のホイップと伊藤園の宇治抹茶入りの餡をサンドしたケーキらしい。

トップページ | 伊藤園

外観

取り出してみるとこんな感じ。円筒形に焼き上げられた生地をスライスしたと思われるが、どうやったものかその切り口にきれいに豆が並んでいる。豆の上にもわずかに生地がかぶっているところを見ると後から埋め込んだのではなさそうだ。

断面

断面はこんな感じ。うっすら緑色の抹茶ホイップと、濃い緑色の抹茶餡が確認できる。抹茶餡からはその緑色がきめの細かい生地の方まで染み出していた。

食べてみると生地は弾力としっとり感があり、うたい文句どおりもち食感だった。豆はしっかり形と歯触りを残したまま甘く柔らかく炊き上げられている。ホイップは軽いファットスプレッド、餡は心持ちゆるめのこしあんで甘さの中にほんのり抹茶のほろ苦さを漂わせていた。

原材料

原材料を見ると生地は砂糖と小麦粉を中心に水あめなども入ったミックス粉らしい。豆は小豆の甘納豆だったようだ。そして和風っぽいケーキなのに風味づけに洋酒が使われているのが面白い。

なるほど生地は確かにもち食感だった、餡&ホイップサンドケーキ。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

ローソン 生チョコ純生クリーム大福:やわな餅とぽってりクリームがぼんやり生チョコを包む変わりチョコ菓子

ローソン 生チョコ純生クリーム大福

今日食べたのは、ローソン『生チョコ純生クリーム大福』。

生チョコ純生クリーム大福 | 商品情報|いつでもおウチがカフェになる。ウチカフェスイーツ

同じくローソンの『純生クリームチョコレート』を、純生クリームと柔らかいもちで包んだ大福らしい。

純生クリームチョコレート9粒 | 商品情報|いつでもおウチがカフェになる。ウチカフェスイーツ

外観

封を切ると保存料であろうか、何か薬品の匂いがきつい。取り出してみるとこんな感じ。こしあんのおはぎのような焦げ茶の玉一面に打ち粉がまぶされている。

断面

断面はこんな感じ。中にはまさにクリーム色のホイップと、某スライムのように頭のとがった生チョコが入っていた。

食べてみると餅は非常に柔らかく、腰ももっちり感もない。ホイップはぽってりした感じだが、ほとんど甘味なく純生クリームなのにコクもない。要はここまで味もそっけもないと言っていい。中心の生チョコはさすがにカカオの風味高くねっとりした食感で悪くなかった。ただ多少ざらつきを感じたが、それも温まるとともに消えたところを見ると脂肪がうまく乳化していないのだろう。

原材料

原材料を見ると筆頭に挙がっているのはクリーム、次いでもち米粉となっている。これをクリームたっぷりと見るか餅の濃度の低さと見るか。ゼラチンはどこに使われているものか、ホイップを保持する用途か。ポリデキストロースというのは体内で消化されない水溶性食物繊維らしい。

それ自体は悪くない生チョコを、よくわからないあってもなくてもいいものでくるんで大福に仕立てたチョコ菓子。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

プロフィール

カクヘニソムス

Author:カクヘニソムス
ライターのお仕事などありましたら、コメントやTwitter等にてお声かけください。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
モラタメ
Gremz
検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。