スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pasco たっぷりレザン:看板通りのてんこ盛りレーズンが主役

Pasco たっぷりレザン

今日食べたのは、Pasco『たっぷりレザン』。

Pasco11月の新製品らしく、すでにサイトに情報がない。たっぷりのラム酒漬けレーズンをサックリしっとりのデニッシュ生地に巻き込んでシュガーマーガリンをかけ、焼き上げたものらしい。

外観

取り出してみるとこんな感じ。パイなどに使われるようなプリーツカップに収まっていた。薄い膜が張り付いたようないかにもなデニッシュ生地が巻き上げられ、その間にレーズンがたっぷり挟まっているのが見える。中心部にはシュガーマーガリンの固まった砂糖が少しかかっていた。

断面

割ってみるとこんな感じ。表面に見えているだけかと思ったら、断面までレーズンまみれになるほどの量だった。まさに名前どおりたっぷりレーズン。底はレーズンの水分でけっこう湿っており、確実に手を汚すのでできるだけプリーツカップに収まった状態で食べるのがいいだろう。外側の生地はデニッシュらしくそれなりに層が見えているが、中心に向かうにつれ普通のパンっぽくなってしまうのは巻き込み作業で生地がこねられた形になるせいだろうか。

食べてみるとそれこそもうどこを齧ってもジューシィなレーズンだらけ。デニッシュの方もうたい文句どおりしっとりしつつも歯切れよく、レーズンとバランスを取るように甘くない塩味のものだった。とはいえなにしろレーズンの量が多いためそちらの方が主体の味になってしまい、デニッシュは香ばしさと塩気を提供するにとどまっている。ザクザクした歯触りとより純粋に甘い味わいのシュガーマーガリンも量は少ないが、それゆえにちょうどいいアクセントとなっている。パンというよりはクレープ的な、具を食べるものといえるだろう。

原材料

原材料を見ると筆頭に堂々と記載されたラム酒漬けレーズンの文字。見た目どおり小麦粉以上のとんでもないバランスなのがわかる。その一方でレーズン以外はごく普通のデニッシュだけなので、単調な強い味わいはやや飽きが来るかもしれない。

ともあれ名前どおりレーズンてんこ盛り、それが主役のお菓子的なデニッシュ。

関連記事

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カクヘニソムス

Author:カクヘニソムス
ライターのお仕事などありましたら、コメントやTwitter等にてお声かけください。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
モラタメ
Gremz
検索フォーム
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。