ヤマザキ 栗あんパン 愛媛県産和栗の甘露煮入り餡使用:栗風味のねっとり餡と芥子粒が楽しい意外とハードなあんパン

ヤマザキ 栗あんパン 愛媛県産和栗の甘露煮入り餡使用

今日食べたのは、ヤマザキ『栗あんパン 愛媛県産和栗の甘露煮入り餡使用』。

説明書

愛媛県産和栗が入った餡を包み、芥子の実をトッピングして焼き上げたあんパンらしい。サイトの方には情報が出ていない、中四国限定のご当地パンのようだ。

外観

取り出してみるとこんな感じ。少々歪んで不格好だが、膨らんだ三角の生地に芥子粒をつけたその姿は栗をかたどっているのだろう。

断面

割ろうとすると意外としっかりした手応え。断面はこんな感じ。餡はとろりとしていて渋皮の色を活かしてあるようだ。そして生地まで茶色いのにはちょっと驚き。

食べてみるとソフトフランスほどの噛みごたえのある生地は甘みがなく塩味。てっきり黒糖でも入っているのかと思ったが違ったようだ。渋みもないので栗の煮汁などでもなく、食紅の類で着色しているのだろう。芥子粒はプチプチしているがゴマよりも軽く、ちょっとサクサクした歯触りもあって楽しい。餡は見た目どおりやや緩めで、なめらかさの中に栗らしい細かい粒子感がある。固めのパンと栗風味の餡の取り合わせには面白みがあった。

原材料

原材料を見ると着色料としてカラメルとカロテノイドが記載されており、これがパンの茶色の素なのだろう。そしてマロンあんは小麦粉を抑えて1番目、水分を含んでいるとはいえたっぷり使われている。

栗風味のねっとり餡と芥子粒が楽しい、意外とハードなあんパン。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

丸永製菓 じゃがいもモナカ:意外と癖のない白あん+塩バニラ最中アイス

丸永製菓 じゃがいもモナカ

今日食べたのは、丸永製菓『じゃがいもモナカ』。

What's New | 丸永製菓

説明書

北海道産のジャガイモを混ぜたやや塩味が利いた甘じょっぱいアイスを、白あんとともにジャガイモをかたどってチョコで内張りした最中皮で包んだモナカアイスらしい。

外観

取り出してみるとこんな感じ。薄茶色で細長くでこぼこしたその姿はちょうどメークインのよう、だが実際は同社の『おいもモナカ』の色変えバージョンのような気がする。

断面

割ってみるとこんな感じ。パッと見普通のバニラに見えるアイスがたっぷり詰まっており、片側にはパッと見ジャムか何かのように半透明の白あんが入っている。チョココーティングは白あんの反対側だけのようだ。

食べてみるとアイスは混ぜられたジャガイモのものか、ちょっとざらついた食感。あっさりした味わいだがその中にほんのり塩気とジャガイモのコクらしきものが感じられる。白あんは見た目どおりねっとりしており、こちらはどっしり甘い。チョココーティングはパリパリしていて申し分ない。甘じょっぱい、というよりは甘みを引き立てるためぜんざいに入っている程度の塩加減で、言われなければ普通に甘い、バニラ+白あんのモナカアイスとして食べられそうだ。

原材料

原材料を見ると意外なことに糖類すら押さえて白あんが最初に来ている。一方でジャガイモはモナカ皮以下の量のようだ。

意外と癖のない、白あん+塩バニラ味の最中アイス。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

ヤマザキ さっくりとしたキャラメルパイ(ホイップクリーム):たっぷりホイップが詰まったサクサク生地にべっとりカラメルの意外とこってりパイ

ヤマザキ さっくりとしたキャラメルパイ(ホイップクリーム)

今日食べたのは、ヤマザキ『さっくりとしたキャラメルパイ(ホイップクリーム)』。

今月のおすすめ商品

さっくりとした生地の底にキャラメルを敷いてカリカリに焼き上げ、ホイップクリームをたっぷり入れたパイらしい。

外観

封を切るとなんだかかりんとうのような香り。パイの香ばしさ+カラメルの甘い香りという組み合わせがそう思わせるのだろうか。取り出してみるとこんな感じ。プリーツカップに収まったパイの表面には、粉砂糖がたっぷりまぶされて白くなっていた。側面には生地の折り重なったさまが現れている。

裏側

カラメルでカリカリという裏側はこんな感じ。確かにてらてらとツヤがあるが、割と柔らかくてカリカリというよりはべっとりという感じだった。

断面

割ってみるとこんな感じ。薄い層が折り重なったまさしくパイという生地に、疑いの余地なくホイップクリームがたっぷり詰まっている。

食べてみると、袋売りの宿命でパイはややしんなりしていたものの十分にサクサクとした歯触り。生地自体は甘みのない塩味で、表面の粉砂糖と底のカラメルがそれぞれ軽い甘さとどっしりした甘さを添えている。ホイップは甘さ控えめ、軽い口当たりの油脂系。味はともかく、表面の粉砂糖と底のカラメルで手に取りづらく、かじってはパイがぽろぽろこぼれ、たっぷりがあだになって一口ごとにホイップがはみ出すというなかなか食べづらい代物である。

原材料

原材料を見ると小麦粉をおさえてホイップクリームが筆頭となっており、見た目どおりたっぷり入っていることがわかる。加糖練乳、脱脂濃縮乳、無糖練乳などの乳製品も見えるが、これらがホイップに使われているのかパイの方なのかはよくわからない。

たっぷりホイップが詰まったサクサク生地にべっとりカラメルの、意外とこってりした味わいのパイ。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

ネスレ キットカット 毎日の贅沢:ビターなカカオとサクサクのウエハース、クランベリーの酸味のアンサンブル

ネスレ キットカット 毎日の贅沢 プレゼントキャンペーンに当選

先日『キットカット』のプレゼントキャンペーンに当選し、新製品が送られてきた。現物とあいさつ文、そして小冊子のセット。

小冊子は絵本と

小冊子は前半が絵本になっており、擬人化されたキットカットが完成するまでを童話風のストーリーに仕立ててある。

(挿絵)

こちらは挿絵。

キットカットショコラトリーのカタログ

後半はキットカットの専門店である『キットカットショコラトリー』のカタログとなっている。

KITKAT ショコラトリー

ネスレ キットカット 毎日の贅沢

というわけで今日食べたのは、ネスレ『キットカット 毎日の贅沢』。

「キットカット 毎日の贅沢」

説明書

まろやかなクーベルチュールチョコレートにクランベリーとアーモンドを手作業でトッピングしたキットカットらしい。クランベリーとアーモンドは女性に嬉しい注目の素材なのだそうだ。

ものとしてはショコラトリーで販売されている『モレゾン』と同じものだと思われる。

KITKAT ショコラトリー

中身

箱を開けるとこんな感じの6本入り。1本当たりのカロリーは39kcalとある。

外観

個包装の封を切るとこんな感じ。全体に細身、ビターなカカオの香りが漂う。クランベリーやアーモンドはトッピングというかチョコの中からそれらのチップが覗いているような格好だった。

断面

割ってみるとこんな感じ。キットカットらしく、中にはちゃんと3段重ね?のウエハース入り。

食べてみるとキットカットならではのコリッとしたチョコとサクサクしたウエハースの歯触りが楽しめる。チョコはクーベルチュールだけあってカカオの風味豊かで味わい深いもの。そしてチョコやウエハースがのどに落ちたあと、口中に残るクランベリーやアーモンドが甘酸っぱく香ばしく、後味を華やかに彩ってくれる。

原材料

原材料を見ると出来合いのチョコレートではなく、カカオマスやココアバター、ココアパウダーなどをきちんと配合して作られているのがわかる。またクラッシュアーモンドだけでなくアーモンドペーストも使って風味を高めているようだ。

深くビターなチョコの味わいとサクサクのウエハースの歯触り、後味を締めくくるクランベリーやアーモンドの風味がちょっとしたアンサンブルを思わせる、キットカットのちょっと贅沢な新作。配送がクール便だったりしてわりと溶けやすいようなので、冷蔵庫で保管するのがお勧め。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

ヤマザキビスケット エアリアル 濃厚たらこバター味:軽くボリュームがあるたらこ味スナック

ヤマザキビスケット エアリアル 濃厚たらこバター味

今日食べたのは、ヤマザキビスケット『エアリアル 濃厚たらこバター味』。

スナック菓子 | 製品一覧カタログ | ヤマザキビスケット

説明書

全体が薄い4層構造になっており、サクッと軽い食感の『エアリアル』。これはそのシリーズの濃厚たらこバター味で、フライした生地にたらこ風味パウダーをかけ、たらこクリームを絡めて仕上げたものらしい。

外観

封を切るとなるほどたらこの、というかたらこ焼きそばの香りがする。少し生臭みが消し切れていないのは残念。一つ手に取ってみるとこんな感じ。たらこであろうピンクの粒がまぶされ、生地自体もたらこクリームが染み込んだのかそこかしこがピンクに染まっている。

側面

横から見ると薄いスナックが4枚ひとまとまりになっているのがよくわかる。

口に放り込むとサクサクと軽い歯触り。それはコーンパフより密度がありつつポテトチップスよりもボリュームがあり、さすがにその名のように空気ほどではないがそれらに負けないほどの軽さだった。味の方はといえば、たらこバターということで少々まろやかになりすぎたきらいがあり、たらこ感に物足りなさを覚えるがおいしさは十二分。食感もあわせてなかなかうまいスナック菓子だと思う。

原材料

原材料を見るとメインは粗挽きのトウモロコシであるコーングリッツ、明太子パウダーをはじめとする風味の素はけっこう後の方に記載がある。また明太子とバター以外にも魚介エキスや魚醤、酵母エキスなどのパウダー、さらにたらこ自体も別途配合されている。

軽さとボリュームを兼ね備えた、まろやかたらこ味フレーバーのコーンスナック。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

フジパン とろっと林檎のフロマージュ:鮮烈なりんごフィリングがとろりとあふれる白パン

フジパン とろっと林檎のフロマージュ

今日食べたのは、フジパン『とろっと林檎のフロマージュ』。

フジパン株式会社 | 商品のご案内 | 今月の新商品

国産ふじりんごのとろっとしたジャムとチーズクリームを合わせた菓子パンらしい。

外観

封を切るとりんごの甘酸っぱい香りが漂う。その中にシナモンの香りがほのかに入り混じり、風味に奥行きを与えているようだった。取り出してみるとこんな感じ。ほとんど焼き目のついていない肌に開いた涙型の窓から、角切りりんご入りのジャムとわかりづらいがその奥に白いクリームがのぞいている。

断面

割ってみるとこんな感じ。りんごフィリングにはシナモンであろう焦げ茶の粉粒がたくさん見える。パッケージイラストではクリームはジャムの下に敷かれているように見えたが、実際にはジャムの外周に沿ってパンの中心あたりに一本絞られたような形だった。

食べてみるとパンは柔らかく歯ごたえもある、甘みのない塩味のもの。クリームはぽってりというかねっとりというか、クリームチーズを軽くのばしてほんのり甘味・酸味を加えたような食感と味わい。りんごフィリングはうたい文句どおりとろりとゆるいジャムの中に、シャクシャクと歯触りのいい大きめの角切りりんごがたっぷり入った形。酸味が勝った甘酸っぱさがなんとも鮮烈。りんごフィリングに比べるとクリームは少々主張に欠けているが、その分パンがしっかりとその甘酸っぱさを受け止めていて悪くない。

原材料

原材料を見ると小麦粉に次いでリンゴジャムが2番目と、たっぷり使われていることがわかる。さらにリンゴジャムに使われているりんごは国産のふじが100%と、なるほどその鮮烈な味わいもうなずける。クリームはクリームチーズそのままではなく、フラワーペーストの形だったようだ。

鮮烈な甘酸っぱさととろりシャクシャク2つの食感のりんごフィリングがあふれる白パン。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

カルビー ポテリッチ グリルチキン&サルサ:エキゾチックな香り漂う厚切りポテチ

カルビー ポテリッチ グリルチキン&サルサ

今日食べたのは、カルビー『ポテリッチ グリルチキン&サルサ』。

カルビーのポテトチップス

説明書

コクのある濃厚な味付けと厚切りカットで一味違うおいしさと食べごたえのある食感が楽しめる『ポテリッチ』シリーズ、これはその中でもグリルチキン&サルサのフレーバー。香ばしく焼いたチキンにサルサソースを合わせてうまみの中にピリッと辛味を利かせた、濃厚であと引く味わいらしい。春発売ですでにサイトから情報が消えている。

外観

封を切るとなるほど酸味とスパイスを感じさせるエキゾチックなサルサソースの香りが広がる。一枚手に取ってみるとこんな感じ。全体がサルサで朱色に染まっているが、スパイスであろう焦げ茶の粒はあまり多くなさそうだ。

口に放り込むと、しっかりした旨味のあとからピリッと辛味が追いかけてくる。おなじみトルティーヤチップスのタコス味と比べると、ずいぶんマイルドで日本人向けに感じられた。厚切りのポテトチップス自体はバリバリザクザクという歯ごたえの良さと噛み締めるうちに滲み出す油と芋の味わいでおいしさは上々。

原材料

原材料を見ると意外にも粉末醤油が使われていた。しかも風味調味料の中では筆頭に記載されていて、味わいのベースになっていることがわかる。もちろんオニオンやガーリック、トマトやチキンのパウダー、香辛料などもしっかり配合されており、十分サルサ風味に仕上がっている。

エキゾチックなサルサの香り漂う、うまみ食感十分の厚切りポテチ。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

ヤマザキ りんごとカスタードのパン:シナモン風味のリンゴとぽってりカスタードが入ったハードタイプコッペパン

ヤマザキ りんごとカスタードのパン

今日食べたのは、ヤマザキ『りんごとカスタードのパン』。

山崎製パン | 8月のおすすめ商品

シナモンを利かせたリンゴとカスタードクリームを、しっとりソフトなフランスパンに包んで焼き上げたパンらしい。ヤマザキ8月の新商品の一つ。

外観

封を切ると確かにアップルパイのフィリングのような、シナモンの利いたりんごの甘酸っぱい香りが漂う。取り出してみるとこんな感じ。うっすら打ち粉をまとった長楕円形の生地、そこに大きく開いた切れ目からは、甘く炊かれた角切りのリンゴとカスタードクリームがのぞいている。

断面

割ってみるとこんな感じ。表面の手触りは粗くてなるほどフランスパンのようだったが、中はわりときめが細かくて普通のパンのよう。りんごダイスにはシナモンであろうこげ茶の粒がたっぷりまといついていた。

食べてみるとやはりそれなりに歯ごたえはあるものの味わいはあっさりめで、フランスパンと言うよりはハードなコッペパンという感じ。りんごダイスは柔らかく炊かれているがシャクシャクした歯触りは失っておらず、甘酸っぱさとシナモンの風味も十分。カスタードクリームは見た目どおりのぽってりタイプ、リンゴに負けないだけの甘さと卵感があってなかなかのもの。少しそっけないくらいのパンがりんごとカスタードを引き立てつつ、それらのおいしさを受け止めておいしく食べられた。

原材料

原材料を見ると小麦粉のほかにライ麦粉や麦芽粉末が使われていて、それがフランスパンのような風合いを出す素だと思われる。りんごプレザーブやカスタードフラワーペーストも小麦粉に次いで2番目3番目と、見た目以上にたっぷり入っているようだ。

風味豊かなシャクシャクりんごとぽってりカスタードが入った、ハードタイプのコッペパン。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

ヤマザキvsナビスコ ミニチーズサンドクラッカー食べ比べ

ヤマザキ miniシリーズ ルヴァン チーズサンドクラッカー ナビスコ リッツビッツサンド チーズ

今日食べたのは、ヤマザキ『miniシリーズ ルヴァン チーズサンドクラッカー』。

ビスケット・チョコレート | 製品一覧カタログ | ヤマザキビスケット

ルヴァン説明書

ナビスコとの契約が終了し、ヤマザキビスケットブランドとして新たに発売されたビスケットの一つ。ナビスコのリッツに相当する発酵種を使用した薄焼きのクラッカーでチェダーチーズクリームを挟んだビスケットらしい。せっかくなのでまだ店頭に在庫があったナビスコの同等品『リッツビッツサンド チーズ』と食べ比べてみた。

外観

外見を見比べてみると、丸かったクラッカーが四角くなっている。しかしそれ以外では厚みも質感もさほど違いはなさそうだ。

クリーム

サンドされているチーズクリームも色やざらっとした質感はほぼ同じに見える。

食べてみてもクラッカーのザクザク軽い歯触りや薄い塩味、噛んでいるうちに湧き上がるほのかな甘みなどはほぼ同一。しかしクリームには少し違いがあった。リッツのクリームはチーズのコクとともに強い塩気と旨味が感じられるはっきりした味わいなのに対し、ルヴァンのクリームはコクはそのままに塩気がやや抑えられ、マイルドでまろやかな味わいになっている。

リッツ原材料

原材料を比べてみると、リッツは植物油脂とモルトフラワーを使っているのに対し、

ルヴァン原材料

ルヴァンは加工油脂とモルトエキスを使用している。さらに小麦粉とライ麦粉、膨張剤と発酵種を併用しているようだ。また使用しているチェダーチーズもリッツは7%なのに対し、ルヴァンは9%と増加している。チェダーは刺激の強い味わいが特徴なので、増えていればむしろはっきりした味になりそうなものだが逆に感じられたのは少々不思議。ホエイパウダーや糖類などで調整したのかもしれない。味には直接関係ないが、内容量は50gから45gに減っていた。

わずかにクリームに違いがみられたものの、その味わいにほとんど差はなくおいしさもそのまま。ナビスコ本体からの新しいリッツがどうなるかわからないが、ひとまずルヴァンがあれば困ることはなさそうだ。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

ロピア プチ アップルカスタード:甘さ控えめさっぱりカラメル風味のホイップ&ゼリー+カスタードムース

ロピア プチ アップルカスタード

今日食べたのは、ロピア『プチ アップルカスタード』。

プチ アップルカスタード | ロピア

カラメルゼリーの上にカスタードムースを重ね、キャラメルホイップを絞ってカスタードソースとシロップ漬けのリンゴをトッピングしたカップスイーツらしい。

中身

蓋を開けるとカラメルの甘い香りが立ち上る。上面は薄茶色のキャラメルホイップで埋め尽くされ、そこにカスタードクリームとシロップ漬けりんごがかかっている。

側面

横から見るとほぼべらぼうにカラメルソースが多いプリン、という感じ。もちろん液体の状態ではこんな安定してないだろうから、うたい文句どおり固めてゼリーとしてあるのだろう。

ひとすくい

ひとさじすくって食べてみると、ホイップはふわっと軽い食感の中にすっきりしたカラメルの風味。コクのあるカスタードソースとシャリシャリ甘酸っぱいリンゴがアクセントとなっている。ホイップの下のカスタードムースも上に負けず劣らず軽く、かつなめらかな舌触り。その下のゼリーはさすがに軽いとは言えないが、つるんとした口当たりがなんとも涼やか。上から下までかなり甘さは控えめで、その分それぞれの風味がしっかり楽しめた。

原材料

原材料を見ると、乳等を主要原料とする食品に続きフラワーペーストが2番目に来ている。おそらくカスタードソースの原料なのだろうが、それにしてはちょっと量が多いように思える。カスタードムースにも使われているのかもしれない。そしてカラメルはカラメルソースとキャラメルペーストという形で2種類入っている。量と名前から見て前者が底のゼリー、後者が上のホイップに配合されていそうだ。

甘さを控えたさっぱりした味わいがそれぞれの風味を引き立てる、カラメル風味のホイップ&ゼリー+カスタードムース。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

プロフィール

カクヘニソムス

Author:カクヘニソムス
ライターのお仕事などありましたら、コメントやTwitter等にてお声かけください。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
モラタメ
Gremz
検索フォーム
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ