スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマザキ ショコラレザン:レーズンチョコを練りこんだような甘酸っぱさとチョコ風味にあふれたフランスパン

ヤマザキ ショコラレザン

今日食べたのは、ヤマザキ『ショコラレザン』。

山崎製パン | 商品情報

サイトのほうに情報は出ていない。しっとりしたパン生地にレーズンとチョコチップを練りこんで焼き上げたものらしい。

外観

封を切るとちょうどレーズンをチョコでくるんだレーズンチョコのような香りが広がる。取り出してみるとこんな感じ。菱形の生地にはレーズンとチョコチップがたっぷり練りこまれ、しっかり焼き目がついて打ち粉が白く浮き上がっている。

断面

割ってみるとこんな感じ。中までしっかりチョコチップやレーズンが混ぜ込まれているのがわかる。

しっとりした生地ということだが、一口食べてみるとむしろフランスパン系のしっかり噛み応えがある生地に思えた。そしてひと噛みごとにコリッとしたチョコチップの歯触りと風味、レーズンの甘酸っぱさがあふれてきてなかなか美味い。

原材料

原材料を見ると砂糖漬けのオレンジピールも入っていたようだが、ちょっとよくわからなかった。生地にはライ麦や麦芽粉末・麦芽エキスが配合され、レーズンを戻したのであろうワインもチョコ以上に使われていて風味十分なのもうなずける。

あたかもレーズンチョコを練りこんだような、甘酸っぱさとチョコ風味にあふれたフランスパン。

スポンサーサイト

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

セブン『もちぷにゃ』vsローソン『もちぷよ』もち皮シュークリーム食べ比べ

ローソン『もちぷよ』vsセブン『もちぷにゃ』

今日はローソンとセブン-イレブンから出ている“もちもち皮”のシュークリームを食べ比べてみた。セブンからは『もちぷにゃ』、ローソンからは『もちぷよ』となっている。

もちぷよ(北海道産牛乳入りミルククリーム) | 商品情報|いつでもおウチがカフェになる。ウチカフェスイーツ

ローソンの『もちぷよ』はその名のとおり、もちもちした皮の中に口どけのよい北海道産牛乳入りミルククリームを詰めたものらしい。セブンの『もちぷにゃ』はまだ地域限定なのかサイトに情報が出ていないともすればこぼれそうなほど柔らかいクリームが入っているようだ。

外観

袋から出してみるとこんな感じ。クリーム色の『もちぷよ』に対し『もちぷにゃ』は薄茶色だが、細かくひび割れたような表面や生地の張りはよく似ているように思われる。

断面

割ろうとするとクリームがあふれそうだったので失礼して噛み割らせてもらうと断面はこんな感じ。生地の感じは似ているが、『もちぷよ』のクリームは白くなめらかそうな一方『もちぷにゃ』のものは黄色くぽってりした感じに見える。

食べてみると『もちぷよ』の皮はまさにもちもち、ポン・デ・ケージョのような湯種生地の強い弾力が感じられるものだった。クリームは見た目どおりなめらかで、しっかりした甘さとミルクのコクがある練乳風味。

『もちぷにゃ』の皮は同系統のもちもち感はあるものの、歯触りとしてはずっと軽い。そしてこちらのクリームは見た目に反してふわっと軽い口当たりだった。控えめな甘さの中に卵のコクが感じられるところを見ると、いわゆるカスタードホイップなのだろう。

原材料(もちぷよ)

原材料を見ると『もちぷよ』のクリームは牛乳フラワーペーストとホイップクリームのブレンドだったようだ。そしてクリーム類とショートニングが上位3つを占め、卵に次いでようやく5番目に小麦粉が登場する。

原材料(もちぷにゃ)

『もちぷにゃ』はといえば乳等を主要原料とする食品、牛乳、クリーム(乳製品)よりも先に砂糖、小麦粉、その他より成るミックス粉が来ている。またそれとは別に小麦粉も使われていて、相対的にクリームの割合が少ないようだ。にもかかわらず量はそれほど違いがないように見えるところからも、こちらのクリームはだいぶ空気を含ませてあること、そこから来る食感的な軽さがわかると思う。

同じもちもち皮のシュークリームである中で、しっかりした弾力と噛み応えの皮に濃厚なクリームを合わせた『もちぷよ』、もちもち感と軽さを両立した皮に軽いクリームを合わせた『もちぷにゃ』という対比を見せてくれた食べ比べだった。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

カルビー 堅あげポテト 黒みつきなこ味:コクのある甘辛薄焼きおせんべいという感のハードタイプポテチ

カルビー 堅あげポテト 黒みつきなこ味

今日食べたのは、カルビー『堅あげポテト 黒みつきなこ味』。

堅あげポテト 黒みつきなこ味 | 商品検索 | カルビー株式会社

説明書

噛むほどにジャガイモの風味を楽しめるポテトチップス、『堅あげポテト』シリーズの一つ。きなこが香ばしく、黒みつの濃厚の甘味とポテトチップスの塩気が合わさってクセになる甘じょっぱさのポテチらしい。

外観

封を切るとなんというか、カラメルがけポテトチップス?という風な香りが立ち上る。一枚手にとってみるとこんな感じ。きなこ入りということでてっきり粉まみれなのかと思いきや、意外と普通の堅あげポテトと変わらない見た目であった。細かな茶色い粒がまぶされているのがきなこ、もしくは黒みつパウダーなのだろう。

口に放り込むとまずはストレートに甘じょっぱさを感じた。堅あげならではのバリバリとした歯応えを感じながら噛み締めると塩気は流れ、甘味と芋の旨味が浮かび上がってくる。ぽいぽいと次々放り込むとそのたび甘じょっぱさが更新され、黒みつの複雑な甘みがそこにあることに気づかされた。

原材料

原材料を見ると意外ときなこは黒糖以上に使われていたことがわかる。また粉末醤油も入っていて、これが黒みつと響きあって複雑な味わいをかもし出していたようだ。

甘辛の薄焼きおせんべいを食べているような、ちょっと不思議な味わいのポテトチップス。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

中島大祥堂 冷やして美味しい檸檬チーズケーキパイ:文字通りレモンが香るチーズケーキ風味の和風パイ

中島大祥堂 冷やして美味しい檸檬チーズケーキパイ

今日食べたのは、中島大祥堂『冷やして美味しい檸檬チーズケーキパイ』。

冷やして美味しい檸檬チーズケーキパイ | 株式会社 中島大祥堂

パイ生地でレモン風味のチーズケーキと甘酸っぱいアプリコットのコンフィチュールを包み込んで、ふんわりサクッと焼き上げたパイらしい。

外観

その名のとおり冷やすとおいしいらしいが今回は常温でいただく。封を切るとレモンピールの香りがふわっと広がった。取り出してみるとこんな感じ。どこかしっとりして目が詰まった、いわゆる和風パイの姿。

断面

割ってみるとこんな感じ。やはり外側のパイ生地は詰まった感じでその中にスポンジとオレンジ色のジャムが入っているようだ。

一口かじってみると、皮は見た目どおりの歯切れのよさとしっかり噛み応えがあるもの。中のスポンジ部分はジャムとあわせてしっとりとして、レモンの酸味がキュッと効いた甘酸っぱさだった。

原材料

原材料を見るとレモンジャムに加えレモンピールの砂糖漬けとそうでないものとが入っておりレモンの風味にあふれているのもうなずける。またアンズジャムはマーガリン、小麦粉に次いで3番目、卵などよりも多いのにびっくり。どこに使われているのかわからないがチョコレートも入っていた。

文字通りレモンが香る、チーズケーキ風味の和風パイ。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

タカキベーカリー 石窯サルタナレーズン:ちょっとリッチで味わい深いフランスパンと甘酸っぱいレーズンのハーモニー

タカキベーカリー 石窯サルタナレーズン

今日食べたのは、タカキベーカリー『石窯サルタナレーズン』。

石窯サルタナレーズン|タカキベーカリー

生地は味わいや食感を引き立てるようブレンドされた小麦粉に、国産生乳を使用したやさしい味わいのクリームがミルキーなコクとまろやかさを添えたもの。そこに色が薄く黄金色をしているところからゴールデンレーズンとも呼ばれるマスカット系サルタナ種のレーズンを混ぜ込んで甘酸っぱくジューシーなおいしさを組み合わせたパンらしい。

側面

表面にライ麦の粉をまぶしたその姿はフランスパン、しかしクリームが加えられているということでちょっとリッチタイプ寄りになっていると思われる。

断面

断面を見るとクラスト、いわゆる皮が香ばしく焼けていること、レーズンがたっぷり入っていることがわかる。

一口かじると生地はフランスパンの風味、噛み応えを残しつつもソフトでまろやか。さすがに皮のカリカリ感は焼きたてに及ばないものの、香ばしさは十分。内側はレーズンをよけて食べるのが難しいほどで、一口ごとにジャクジャクとジューシィで甘酸っぱい味わいが生地に染み渡り小麦の旨味とハーモニーを奏でる。

原材料

原材料を見るとパン酵母のほかにサワー種、生地に天然酵母を働かせて酸味と風味を引き出すパン種を使っていることがわかる。またクリームの他に砂糖や還元水飴なども使って味わいを深めているようだ。面白いのは極少量醸造酢が入っていること。どうやら防腐効果を狙ってのものらしい。

ちょっとリッチで味わい深い生地と甘酸っぱいレーズンがハーモニーを奏でるフランスパン。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

カバヤ ニクイダイズ ペッパージャーキー味:思った以上にしっかり旨味と噛み応えあるピリッとヘルシー大豆ジャーキー

カバヤ ニクイダイズ ペッパージャーキー味

今日食べたのは、カバヤ『ニクイダイズ ペッパージャーキー味』。

プレッツェル・素材菓子 | おかしカタログ | カバヤ食品株式会社

説明書

“畑の肉”とも呼ばれるほど豊富に含まれる大豆のたんぱく質は、以前より人造肉の素材として注目されてきた。最近ではソイミート、ベジミートなどといった商品も一般に販売されている。そしてついにお菓子の分野でもとうじょうした、大豆から作ったピリッと辛いジャーキー風のおやつらしい。

外観

封を切るとスパイシーなジャーキーの香り……というかこれは、昔あったカップめんのかやくの肉みたいな香りがする。一つ手にとってみるとこんな感じ。塩や香辛料がまぶされた茶色く薄い塊は、これまた乾燥かやくの肉っぽい。

口に放り込むと思ったより固く、カチカチというほどではないがけっこう乾燥させたジャーキー、あるいはのしイカくらいの歯ごたえはある。味のほうは肉の旨味も十分、ピリッとスパイスも効いていてなかなか旨い。肉と違って繊維感はないが、歯応えと噛むごとににじみ出る味わいはひけをとらないもの。

原材料

原材料を見るとやはり大豆たんぱくをベースにシート状にして、醤油や香辛料などで味付けしたもののようだ。

思った以上にしっかり旨味と噛み応えのある、ピリッと旨辛ヘルシー大豆ジャーキー。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

フジパン 静岡 Crown Melon パン:フレッシュメロンの香り漂う文字通りのメロンパン

フジパン 静岡 Crown Melon パン

今日食べたのは、フジパン『静岡 Crown Melon パン』。

フジパン株式会社

静岡産の青肉マスクメロンのブランド、クラウンメロンを使用したクリームがサンドされたメロンパンらしい。

静岡クラウンメロン

外観

封を切るとメロンの香りが広がる。それも安い香料のものではなく、フレッシュメロンの種の周りのような香り。取り出してみるとこんな感じ。3本の筋目がつけられたクッキー生地はうっすら緑色をしておりひび割れてゴツゴツしていた。またクリームをサンドするためスライスされた切り口も見えている。

断面

割ってみるとこんな感じ。皮はしっかりしているものの内側の生地は意外と柔らかく、ふんわりしていた。サンドされた薄緑色のクリームも見える。

食べてみると皮はほろりともろく砂糖でザクザクしており、生地のほうは手ごたえどおりふんわり、甘さは控えめ。そしてクリームはなめらかなフラワーペースト系、優しい甘さの中にほんのり酸味とメロンの香りがあふれていた。

原材料

原材料を見るとメロンクリームであろうメロンフラワーペーストは小麦粉、砂糖に次いで3番目。たっぷり入っていることがわかる。また使われているメロンピューレは静岡産のクラウンメロン100%らしい。

フレッシュなメロンの香りをよく再現した、まさに文字通り“メロン”のパン。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

コイケヤ ドンタコスプレミアーゴ サルサ・デ・ビーフファヒータ味:ビーフの旨味をベースにサルサソースがピリッと利いたガリガリトルティーヤチップス

コイケヤ ドンタコスプレミアーゴ サルサ・デ・ビーフファヒータ味

今日食べたのは、コイケヤ『ドンタコスプレミアーゴ サルサ・デ・ビーフファヒータ味』。

ドンタコスは、パリッとした食感がとまらないトルティアチップスです。|株式会社湖池屋

説明書

ファヒータ(スペイン語:Fajita)とは、「帯」、「ガードル」または「ベルト」を意味するファハ(faja)の縮小辞(より小さい、少ないもの、あるいは愛称)で、食肉としては去勢した若牡牛の横隔膜のこと。料理名としてはテクス・メクス料理(メキシコ風アメリカ料理)で牛ハラミ(横隔膜)やその他の部位、あるいは鶏肉、豚肉、エビなどをタマネギとピーマンとともにグリルしてサルサソースなどをつけ、小麦のトルティーヤに乗せて食べるものらしい。言ってみればメキシコ風BBQ。

これはそんな「サルサ・デ・ビーフファヒータ」の味わいを、通常のドンタコスよりも厚めの生地をちょっと固めに焼き上げたトルティーヤチップスで再現した、「ドンタコスプレミアーゴ」シリーズの新製品。

外観

封を切ると意外にもトルティーヤチップス自体のもののほかはさほどクセのある香りはしない。一枚手にとってみるとこんな感じ。シャープな三角形で厚めのチップスには赤系のパウダーがたっぷりまぶされていた。

口に放り込んでみるとこれまた意外にマイルドな味わい。ビーフのしっかりした旨味をサルサの辛味がほどよくピリッと引き立て&引き締め、くどさのないおつな味に仕上がっている。ガリガリと噛み応えも十分で、じわりとにじみ出すトルティーヤ自体の味わいもまたなんともいえないものがある。

原材料

原材料を見ると香辛料がトマトの前に来ており、思った以上にスパイシーだったことがわかる。またたんぱく加水分解物をはじめトマトや肉エキスパウダーなど旨味の素もたっぷり入っているようだ。そんな中目に留まるのはソースパウダーの文字。このソースというのはサルサソースのことなのか、はたまた慣用表現どおりウスターソースなのか。

ともあれビーフの旨味をベースにサルサソースがピリッと利いた、ガリガリ歯触りも楽しいトルティーヤチップス。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

今日の納豆:マルキン食品 元気納豆 九州本仕込み

マルキン食品 元気納豆 九州本仕込み

今日食べたのは、マルキン食品『元気納豆 九州本仕込み』。

元気が大好き マルキン食品株式会社

ふっくらして旨味のある納豆に、九州人の嗜好に合わせて現地の甘口しょうゆベースで甘口に仕上げたたれ「あまかたれ」をあわせたものらしい。

添付調味料

個別パッケージにはふたがなく、代わりに透明フィルムで封をしてある変わったタイプ。付属しているのは先述の「あまかたれ」のみ。アンプルカットにはなっていない。

中身

豆は小粒で表面は粉を吹いたよう。匂いはさほど気にならない程度。

混ぜたところ

混ぜるとよく糸を引き、ぽってりとまとまる感じ。豆は柔らかく煮上げられ、旨味もしっかりしている。

+たれ

たれを入れるとほどよく空気を含んでとろろ状になる。固さも一口ずつすくえる程度でちょうどいい。

食べてみるとやはり「あまかたれ」というだけあって甘口濃厚、だが納豆だけで食べてちょうどいいくらいの味の濃さだった。

原材料

原材料を見ると豆はこれまた珍しい中国産の、遺伝子組み換えでない大豆。米粉は使われていない。たれも意外にしょうゆベースで、九州のしょうゆはかなり甘いのだろうなあと思わせる。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

ヤマザキ メープルドーム:カステラ生地の独特の香ばしさとメープルクリームのザクザク歯触りが楽しい甘いブリオッシュ

ヤマザキ メープルドーム

今日食べたのは、ヤマザキ『メープルドーム』。

今月のおすすめ商品

グラニュー糖を加えたメープルクリームをパン生地で包んでドーム型に成型し、カステラ生地をかぶせて焼き上げたパンらしい。

外観

封を切ると砂糖を焦がしたような、なんとも香ばしい香り。取り出してみるとこんな感じ。丸いパンがプリーツカップに収まっている。こんがり焼き目のついた表面には細かな穴がたくさん開いており、ちょっとメロンパンのようにも見えた。

裏側

裏を返すとそこには穴が。クリームをここから注入したのかと思ったが、むしろ中から流れ出たようだ。実際その周辺には固まった砂糖がくっついている。

断面

割ってみるとこんな感じ。塩パン同様大きな空洞が開いている。奥のほうに見えるちょっとくぼんだあたりには、クリームがたまっているようだ。かぶせられたカステラ生地は1mm程度か、わりと薄い。

食べてみると生地は卵感があり歯切れもよい塩味のブリオッシュ風というところ。カステラ生地は砂糖と小麦粉と卵が焼けた独特の香ばしさで、内側の生地よりわずかに固くその歯応えはまさに皮。クリームは大半パンに染み込んでしっとり甘味をつけているが、クリームだまりのあたりでは砂糖が固まりになってジャクジャクザクザクと歯触りも甘味もなかなかのものだった。

原材料

原材料を見ると中に入っていたクリームであろうメープルファットスプレッドが小麦粉と糖類の間の2番目と、たっぷり入っていることがわかる。

カステラ生地の独特の香ばしさとメープルクリームのザクザク歯触りが楽しい、甘い甘いブリオッシュ。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

プロフィール

カクヘニソムス

Author:カクヘニソムス
ライターのお仕事などありましたら、コメントやTwitter等にてお声かけください。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
モラタメ
Gremz
検索フォーム
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。