スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センタン 超甘熟シャーベット パイン:果汁・果肉85%は伊達じゃないパインあふれるアイスバー

センタン 超甘熟シャーベット パイン

今日食べたのは、センタン『超甘熟シャーベット パイン』。

センタンアイスクリーム

サイトのほうには情報がないが、パインの果汁・果肉を85%も使用したみずみずしさが売りのアイスバーらしい。

外観

封を切るともうそれだけでパインの甘酸っぱい香りが広がる。取り出してみるとこんな感じ。それこそ冷凍パインのような薄い黄色の、無愛想な塊といった外見だ。

断面

失礼して噛み割らせてもらうと断面はこんな感じ。わかりづらいが表面は薄いコーティングのようになっている。さらにわかりづらいが、けっこう大き目の果肉が入っているようだ。

そしてその噛み割った一口だけでパインの鮮烈な甘酸っぱさが口いっぱいに広がる。果肉もかなりの割合で入っており、その大きさもあって歯ごたえ食べ応えは満点。パインをそのまま冷凍しても甘味は弱まってしまうのでそれなりに砂糖などが入っているだろうが、実際食べた味わいとしてはパインのイメージそのもの。ともあれひと噛みごとにパイン味が怒涛のように押し寄せて、この寒い中でもぺろりと食べてしまっていた。

原材料

原材料を見てもさすがは85%使用、パイン果汁・果肉がトップに来ている。そのほかは砂糖、乳製品と定番の添加物だけで、まさにまごうことなきパインのシャーベットと言えるだろう。

うたい文句は伊達ではなかった、パインを贅沢に使用した風味あふれるシャーベットアイスバー。

スポンサーサイト

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

東ハト あみじゃが アボカドチーズ味:アボカドらしくマイルドなチーズ風味ポテトスナック

東ハト あみじゃが アボカドチーズ味

今日食べたのは、東ハト『あみじゃが アボカドチーズ味』。

株式会社 東ハト/ニュースリリース

説明書

網状に厚切りカットしたポテト生地が特徴の『あみじゃが』シリーズの一品。これもすでに終売となっているが、アボガドのまろやかな風味にコクのあるチェダーチーズの旨みを加えて、クリーミーな味わいのアボカドグラタンをイメージしたフレーバーらしい。

外観

一枚手にとってみるとこんな感じ。名前どおり、焼き網のような丸に交差のじゃがいも生地。写真ではわかりづらいが、アボカド風にうっすら緑がかっている。

側面

横から見るとけっこう厚みがあるのがわかる。

口に放り込むと、アボカドだけに実にマイルドな味わい。チーズのコクの中にほんのり青臭さのような風味が感じられる。スナック自体はやや硬め、ガリガリザクザクした歯ごたえで悪くない。

原材料

原材料を見るとやはりこういう成型スナックは乾燥ポテトを使っているようだ。アボカドパウダーも使われているようだが、それ以外にもえんどう豆やゴーヤのパウダーも入っている。これが緑の色や青臭さのような風味を出しているのだろう。ホエイ、チーズのパウダーはもちろんグラタン風味だ。

脂肪の塊と言っていいアボカドらしく、実にマイルドなチーズ風味の網型ポテトスナック。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

アンデイコ いちごのエクレア:甘酸っぱさと種の食感いっぱいのイチゴクリームがあふれるエクレア

アンデイコ いちごのエクレア

今日食べたのは、アンデイコ『いちごのエクレア』。

いちごのエクレア|デザート紹介|新しいデザートの世界【アンデイコ】栄屋乳業

イチゴクリームとホイップクリームをブレンドした甘酸っぱいクリームをつめたエクレアらしい。

外観

封を切るとビターなチョコと甘酸っぱいいちごの香りが広がる。取り出してみるとこんな感じ。まあ見た目は普通のエクレアと変わりない。

断面

割ってみるとこんな感じ。ちょうどいちごミルクのような色合いのクリームがたっぷり入っている。

クリームが流れそうなのであわてて口に運ぶと、サックリ歯切れのいいシュー生地に詰まったクリームはとろりと軽く、いちごの風味と甘酸っぱさにあふれていた。プチプチと種の感触があるのも楽しい。チョコも薄いながらパキッとした歯触りと風味でいいアクセントとなっている。食べている最中もクリームがはみ出そうで、まさに稲妻(仏: éclair、エクレール)のようにすばやく食べないといけなかった。

原材料

原材料を見るとストロベリーソースは全卵に次いで2番目に来ており、あふれるほどの量もうなずける。さらに食感を出すためだろう、苺そのものとはまた別個に苺の種が加えられているようだ。

苺の甘酸っぱさと種のプチプチ感がなんともおいしいイチゴクリームが、まさにあふれんばかりに詰まったこの時期ならではのエクレア。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

東ハト ハーベスト メープルバター:メープルの香りとバターの滋味あふれるハーベスト

東ハト ハーベスト メープルバター

今日食べたのは、東ハト『ハーベスト メープルバター』。

株式会社 東ハト/ニュースリリース

説明書

いくそうにも折り重ねた生地をわずか3mmという薄さに焼き上げ、独特のサクサクとした軽い食感でおなじみのハーベストシリーズの一品。メープルシュガーとバターを生地に練りこんで香ばしく焼き上げ、甘い香りとコクが口いっぱいに広がって温かい飲み物にぴったりのフレーバーらしい。ただし発売は2015年11月で、すでに終売となっているようだ。

個包装1つ分

封を切ると中身はハーベストが4枚ずつ入った個包装が8包、都合32枚入りということになる。

外観

見た目は普通のハーベストと変わりないが、実によくメープルが香っている。

口に運べば変わらぬサクサクとした歯触り、そしてそこからはバターの滋味がじわりと滲み出す。メープルの香り、甘さもしっかりと利いていてうたい文句どおりのメープルバター味だった。

原材料

原材料を見るとメープルシュガーもバターも意外と少なめ、それでこの風味を出しているのだからかなり工夫しているのだろう。黒蜜などはメープルの風味を補うために大きな役割を果たしていると思われる。

変わらぬハーベストのおいしさに、あふれるメープルの香りとバターの滋味を添えた一品。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

カルビー じゃがりこ ハニークワトロチーズ:マイルドなチーズ味じゃがりこ、ハニーは隠れ味

カルビー じゃがりこ ハニークワトロチーズ

今日食べたのは、カルビー『じゃがりこ ハニークワトロチーズ』。

カルビー じゃがりこ ハニークワトロチーズ

セブンイレブン限定発売で、なおかつ期間・数量限定の『じゃがりこ』新フレーバー。ピザの人気メニューである“クアトロフォルマッジ”をイメージし、4種のチーズのハーモニーにはちみつの甘さを合わせたものらしい。

外観

封を切ると香りはわりと普通のチーズスナックのよう。1つ手にとってみるとこんな感じ。チェダーっぽいオレンジの粒が練りこまれているのがわかる。

口に放り込むと意外とあっさり目のチーズ味が広がる。ハニーということで甘めかと思っていたが意表を突かれてしまった。しかしそれをのぞけば癖もなくマイルドでミルキーなチーズの旨みが、噛むごとに滲み出すじゃがいもと油の旨味とよくあっていてうまい。カリカリザクザクした歯触りの小気味よさはいつもながら。

原材料

原材料を見ると4種のチーズは多い順にゴルゴンゾーラ、カマンベール、チェダー、パルメザンという構成で、これらをパウダーにして用いているようだ。そしてオレンジの粒はやはりチェダーで、チーズパウダー以上に入っているらしい。はちみつはやはりかなり少なめの模様。まろやかさという点においてもむしろ粒のチェダーに次いで用いられているミルクパウダーの方が影響が強そうに思える。

ハニーは隠し味ならぬ隠れ味になってしまっている感があるが、ともあれマイルドなチーズ味がうまい限定品のじゃがりこ。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

森永製菓 板チョコアイス ミント:パキパキ歯ごたえが楽しい、ミント風味のアイス入りチョコ

森永製菓 板チョコアイス ミント

今日食べたのは、森永製菓『板チョコアイス ミント』。

板チョコアイス|森永製菓

説明書

ココアクッキー入りのミントアイスとさわやかなミントソースを、パキッとした食感のコーティングチョコで包んだアイスらしい。どうやらコンビニ限定品のためか、公式サイトに情報がない。

外観

取り出してみるとこんな感じ。わりと厚みがあるので、板チョコというよりはラージサイズのチョコバーのように見える。

断面

割ってみるとこんな感じ。けっこう厚めのチョコの中に、うたい文句どおりココアクッキーであろう黒い粒入りのうす青いミントアイスと水色のミントソースが入っている。

一口かじってみると厚めのチョコだけあって、やはりうたい文句どおりパキッとした歯ごたえ。チョコだけでなかなか食べ応えがあってアイスの存在感はやや薄め、板チョコアイスというよりは“アイス入りチョコ”という感じ。チョコの風味に押されてかミントのそれもそんなに強くなく、苦手な私でも無理なく美味しく食べられる。最後にふわっと爽やかな香りが立つのがおもしろい。

原材料

原材料を見るとなんとチョコレートコーチングが最初に来ており、あの分厚さもうなずけるというもの。ミント風味ソースもそれに次ぐ位置で、しっかり使われているのがわかる。

パキパキと歯ごたえが楽しく、後味にふわっと爽やかさが香るミントアイス入りチョコ。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

おやつカンパニー ベビースター ドデカイラーメン(黒ごまプラス):黒ゴマ香るちょっと甘めの幅広ベビースター

おやつカンパニー ベビースター ドデカイラーメン(黒ごまプラス)

今日食べたのは、おやつカンパニー『ベビースター ドデカイラーメン(黒ごまプラス)』。

|商品のご案内|おやつカンパニー

以前食べた『天下一品こってり味』の姉妹品。幅広の生地にコクと旨味の甘辛醬油タレで味付けし、香ばしい黒ゴマをまぶした和風仕立ての新ドデカイラーメンらしい。

外観

封を切ると広がるベビースターならではの焦がししょうゆのような香りの中に、黒ゴマの香ばしさが入り混じる。1つ手にとってみるとこんな感じ。しょうゆ色に染まった生地に黒ゴマがたっぷりまぶされていた。細かい溝がたくさん走ったその姿は、先日食べた『さけるグミ』を思わせてちょっと妙なおかしさがある。

口に放り込むとうたい文句どおり、ちょっと甘みのある醤油だれがまろやかでしっかりしたコクと旨味をかもし出している。ガリガリといい具合の歯触りを楽しめば、黒ゴマの風味と生地本来の味わいがあふれ出してきた。

原材料

原材料を見ると小麦粉と植物油脂に次いで味わいのベースであるあまからしょうゆ風味パウダーが3番目に来ており、またそれ以外にもしょうゆや砂糖、チキンエキスやそのパウダーなどコクと旨味の素がたっぷり使われているのがわかる。黒ゴマもあまからしょうゆ風味パウダーに次ぐ4番目でなかなかの使用量。意外なところでのりも入っており、これが和の風味を演出するのに一役買っているのだろう。

香ばしく黒ゴマ香る、ちょっと甘めの和風幅広ベビースターラーメン。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

三河屋製菓 かぼちゃのおせんべい:意外と固め甘めなカボチャ風味一口せんべい

三河屋製菓 かぼちゃのおせんべい

今日食べたのは、三河屋製菓『かぼちゃのおせんべい』。

えび満月、えびみりん焼に続く新商品

説明書

カボチャの風味を生かしてやさしい甘さに仕上げ、隠し味の醬油が美味しさを引き立てるせんべいらしい。

外観

一枚手にとってみるとこんな感じ。小さめの一口サイズで、ちょっとカレーせんべいかと思ってしまうような見事な黄色が出ている。

側面

中にはこんなふうにくっついてしまっているものもある。意外と薄めなのも見てのとおり。

口に放り込むとこれが意外と硬く、噛み割るとガリガリバリバリいうのがちょっと楽しい。味もわりと甘め。くっついているのはこの糖分のせいかもしれない。

原材料

原材料を見ると見慣れない“ワキシーコーンスターチ”というものが見える。“ワキシーコーン”とはとうもろこしのもち品種のことで、蒸すなどして水分と熱を加えてやるともちもちした食感になるらしい。熟した粒がツルツルでワックス(wax)をかけたような見た目なので、“ワキシー(waxy)”という名前になったと言われている。そのワキシーコーンのでん粉がワキシーコーンスターチというわけだ。

意外と固めで甘めな味わいの、カボチャ風味一口せんべい。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

神戸屋 あんデニッシュ(練乳クリームサンド):小豆と甘いマーガリンが風味を添えるデニッシュ風菓子パン

神戸屋 あんデニッシュ(練乳クリームサンド)

今日食べたのは、神戸屋『あんデニッシュ(練乳クリームサンド)』。

あんデニッシュ(練乳クリームサンド) | タイヨー神戸屋

デニッシュ生地に粒あんを巻き込んで焼き上げ、練乳クリームをサンドしたものらしい。。

外観

取り出してみるとこんな感じ。十字にくびれが入っているところを見ると、丸くまとめた生地を4つ丸い型に入れて焼き上げてあるようだ。

断面

割ってみるとこんな感じ。つぶ餡を“混ぜ込んだ”のではなく“巻き込んだ”形だからだろう、生地自体は小豆色ではなく普通のクリーム色のまま。あまり層状にこそなってはいないものの、食べてみてもほんのり甘い程度でしっかり塩味のデニッシュとなっている。

クリームは甘いマーガリンのような口当たりの油脂系のもの。ちょっと口どけが悪く、甘いことは甘いが練乳風味かどうかはやや疑問。

断面別カット

別のところを割ってみるとこのようにあんこ、というか柔らかく炊かれた小豆粒が現れた。アクセント的にデニッシュに甘さと風味を添えていて悪くない。

原材料

原材料を見ると粒あんは小麦粉に次いで二番目、見かけではそれほど入っていないような感じだったがこれは少々意外なところ。練乳クリームよりも、生地に折り込むためのものだろうマーガリンの方が多いというのもおもしろい。

小豆と甘いマーガリンが風味を添える、デニッシュ風菓子パン。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

森永製菓 チョコボール 華やぐバニラ:まさにバニラ華やぐ白いチョコボール

森永製菓 チョコボール 華やぐバニラ

今日食べたのは、森永製菓『チョコボール 華やぐバニラ』。

チョコボール|森永製菓

説明書

サイトのほうには情報がないが、調べてみるとどうも去年3月に発売されたもののようだ。

ともあれタヒチ産の希少なバニラビーンズを混ぜ込んだホワイトチョコでラングドシャクッキーを包み込んだ冬向けのチョコボールらしい。

外観

封を切ると確かに普通のホワイトチョコとは異なる、バニラの甘い香りが立ち上る。1つ手にとってみるとこんな感じ。ホワイトチョコだけに光沢のある純白のボール、そこに付着したゴミのように見える黒い粒がタヒチ産バニラビーンズだろう。断面もお見せしたいところだがさすがに小さく硬く、表面も滑りやすくてうまく噛み割ることができなかった。

やむなくそのまま食べてみたところ、コリッと硬めのチョコの中にサクサクしたラングドシャの歯触り、クッキーはボール状ではなくクラッシュタイプが混ぜ込まれているようだ。そしてチョコがとろけるとともにミルキーな味わいと高いバニラの香りが甘く口の中に広がっていく。やがて喉へと落ちていったあとも、やさしい風味が長く尾を引いて満足感を高めてくれた。

原材料

原材料欄を見ると規格は準チョコレートのようだが、そのわりには口どけもよいためラングドシャを混ぜ込んだことによるカカオ分の相対的な割合の少なさによるものだろう。

なんにせよまさに華やぐようなバニラの香りとサクサクしたラングドシャの歯触りが甘くミルキーなホワイトチョコの味わいを引き立てる、冬向けの白いチョコボール。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

プロフィール

カクヘニソムス

Author:カクヘニソムス
ライターのお仕事などありましたら、コメントやTwitter等にてお声かけください。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
モラタメ
Gremz
検索フォーム
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。