アライドコーポレーション タイの台所 カップトムヤムラーメン:結構激辛刺激的、旨味もしっかりタイ風ヌードル

アライドコーポレーション タイの台所 カップトムヤムラーメン

今日食べたのは、アライドコーポレーション『タイの台所 カップトムヤムラーメン』。

タイの台所 カップトムヤムラーメン :インスタントヌードル :商品一覧 :タイ料理やタイ王国に関する情報満載!

本場の味と香りを忠実に再現した、辛くてすっぱいトムヤムクン味のインスタントカップ麺らしい。アライドコーポレーションというのは実際にはメーカーではなくタイの食品を輸入販売している会社のようだ。

分別用切り取り線

ちなみにパッケージはプラスチックのカップに紙製のラベル?を巻きつけてある形で、分別して捨てられるよう切り取り線が入っている。

中身

蓋を開けると中には粉末スープと調味ペーストの小袋、麺とネギなどの具材が入っている。

スープなどを麺の上にあける

スープとペーストを麺の上にあけたところ。ペーストは後入れのことが多いが、これは全部最初に入れてしまうスタイルのようだ。

出来上がり

線まで熱湯を注ぎ、3分待ってよくかき混ぜれば出来上がり。いかにも辛そうな香りが立ち上る。具はネギのほかに青菜も入っているようだ。「トムヤムラーメン」と言うだけあって、クンすなわちえびは入っていない模様。

アップ

ひとすすりしてみると、香りからしてかなり刺激が強く軽くむせそうになる。麺はプリッとした感じの独特の歯ごたえ。スープは激辛と言っていいくらいだが、酸味や旨味もしっかり利いていてこれはこれでうまい。とはいえやはりカッと口の中が燃えそうなのとむせる湯気とで少々食べるのに難儀はした。

原材料

原料を見ると一応エビも使われているようで、でかでかとエビの写真が載っているパッケージもぎりぎり嘘ではない、というところか。青菜はキャベツだったようだ。ほかにたまねぎやマッシュルームも入っていたようだが、形としては確認できなかった。

いろんな意味で刺激が強く、旨味もしっかりしていてなかなかおいしいタイ風カップめん。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

オハヨー アイススムージー キウイミックス:フルーティーなキウイ感あるかき氷

オハヨー アイススムージー キウイミックス

今日食べたのは、オハヨー『アイススムージー キウイミックス』。

アイススムージー キウイミックス | アイス | 商品情報 | オハヨー乳業株式会社

キウイの果汁と果肉、そしてリンゴ果汁が入ったシャーベットに粒氷を混ぜてスムージーのおいしさを再現した、飽きの来ない味のカップアイスらしい。

中身

蓋を開けるとこんな感じ。キウイ由来の薄いグリーン色をしている。種と思われる黒い粒が入っており、粒氷にまぎれてわかりづらいが果肉もしっかり入っていると思われる。

ひとさじ口に運ぶとキウイならではの鮮烈な甘酸っぱさ、そして香りが広がる。多少乳製品も入っているのか程よいまろやかさもあり。粒氷の歯ごたえがガリガリと楽しいが、その分キウイの種のカリカリ感が隠れてしまったのは少々残念。

原材料

原材料を見るとキウイ果汁・果肉がしっかり使われているのがわかる。やはり乳製品も入っておりまろやかさの素となっているようだ。粒氷の歯ざわりが強めでシャーベットやスムージーというよりはカキ氷という印象だが、フルーティーなキウイ感は確かなカップアイス。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

オハヨー PIERRE HERMÉ アイスデザート Ispahan:ふんわり口当たりと豪奢な香りの贅沢なアイス

オハヨー PIERRE HERMÉ アイスデザート Ispahan

今日食べたのは、以前おいしそうなものとして取り上げたオハヨー『PIERRE HERMÉ アイスデザート Ispahan』。

PIERRE HERMÉ アイスデザート

パティスリー界のピカソ、ピエール・エルメの代表作“イスパハン”をモデルにしたアイスデザートで、同じくそれをモデルにしたヨーグルトがこれ以前に発売されている。共にバラ、ライチ、フランボワーズが奏でる贅沢なハーモニーを楽しめるらしい。

中身

蓋を開けるとこんな感じ。ヨーグルト同様表面にはたくさんの気泡が見える。香りはフルーティーな中にバラの香気が入り混じってなんとも豪奢。ソースは入っていないようだ。

アップ

ひとさじすくってみると、少々わかりづらいが小さな赤い粒が混ぜ込まれているのが確認できる。おそらくフランボワーズの果肉だろう。そのまま口に運ぶと、さすがにソフトクリームほどではないがふんわりとクリーミーな口当たり。濃厚なコクの中に品のいい甘酸っぱさがあり、ただフルーティーなだけではない複雑で繊細な味わいとなっている。

原材料

原材料を見るとフランボワーズ、すなわちラズベリーは果汁として入っており、赤い粒はどうやら桃のものだったようだ。また見慣れないアローニャ果汁というものがあるが、このアローニャとは北アメリカ原産のバラ科の植物で、日本ではセイヨウカマツカ、黒実ナナカマドなどと呼ばれているらしい。生食も可能だが渋みが強いため、通常果汁を絞るなどして加工されるもののようだ。

ふんわりした口当たりと豪奢な香りが特徴の、見事なアイスデザート。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

オハヨー グラノーラアイスバー:シリアルぎっしり、さしずめしこたまナッツ入りアイス

オハヨー グラノーラアイスバー

今日食べたのは、オハヨー『グラノーラアイスバー』。

グラノーラアイスバー | アイス | 商品情報 | オハヨー乳業株式会社

クランチシリアルとイチゴ・マンゴーの顆粒を混ぜ込んで、お菓子の食感とフルーツの甘酸っぱさがアクセントになったミルク風味のアイスバーらしい。

外観

取り出してみるとこんな感じ。シリアルやイチゴの粒がたくさん入っているのが透けて見える。ふわっとカスタードの香りがするのはポイント高し。

断面

失礼して噛み割らせてもらうと断面はこんな感じ。中までぎっしりシリアルが混ぜ込まれているのがわかる。シリアル自体もふやけてやわらかくなったりしておらず、いい具合にカリカリと詰まった歯ざわり。ちょうどしこたまナッツを混ぜ込んだアイスのようで食べ応えは満点。時々フルーツの甘酸っぱさを感じるのも楽しい。アイス自体はオーソドックスなミルク風味で、グラノーラの風味を邪魔することなく程よい甘さとミルキーな口当たりで下支えに徹している。

原材料

原材料を見るとグラハムクランチというものが見える。これはおそらくグラハム粉、いわゆる全粒粉(厳密には違うもの)を使用したクランチ――クラッシュクッキーのようなもの?――で、ナッツのような歯ざわりのシリアルの正体だろう。食べた時点ではわからなかったが、カスタード風味はコーチングの部分だったようだ。

しっかり噛んで食べられる、グラノーラたっぷりのシリアルアイスバー。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

明治 果汁グミ&シリアル ギュギュギュッ! みかん:ソフトでフルーティーなひとくちシリアルバー

明治 果汁グミ&シリアル ギュギュギュッ! みかん

今日食べたのは、明治『果汁グミ&シリアル ギュギュギュッ! みかん』。

株式会社 明治

説明書

オーツ麦、コーンフレーク、玄米パフといったシリアルとオレンジピール、ドライクランベリーといったフルーツをグミでつないだ、ぎっしりフルーティーで新食感な噛み応えのシリアルグミらしい。

外観

封を切ると甘酸っぱいみかんの香りが広がる。ひとつ手にとってみるとこんな感じで9粒入っていた。見た目はまったくひとくちサイズのシリアルバーといった感じで、手ごたえもやややわらかめかなという程度、グミのような弾力はない。

断面

失礼して噛み割らせてもらうと断面はこんな感じ。中までぎっしりシリアルなどが詰まっていてグミっぽい部分は確認できない。歯ごたえもどちらかと言うとねっとりという感じ。しかしやはり果汁グミだけあって、味わいは確かに甘酸っぱくフルーティーなみかんのもの。シリアルの噛み応え、サクサク感も十分で、さしずめ濃縮オレンジジュースを混ぜてソフトに焼きあげたグラノーラのよう。

原材料

原材料を見るとゼラチンだけでなくもち粉も使われていて、このねっとりした歯ごたえを出していることがわかる。名称も“チューイングシリアル”となっており、グミとシリアルという違ったタイプの噛み応えをうまくハイブリッドさせたこのお菓子にぴったりと言えるだろう。濃縮温州みかん果汁のさわやかな甘酸っぱさもあいまって、おいしく小腹が満たせるひとくちシリアルバー。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

ヤマザキ ひとくちレモンチョコパイ:パンと言うよりパイ菓子、サクサク歯ざわりレモンの香り

ヤマザキ ひとくちレモンチョコパイ

今日食べたのは、ヤマザキ『ひとくちレモンチョコパイ』。

サクサクに焼きあげた生地をレモンチョコでコーティングした、一口サイズのパイらしい。

外観

封を切るとほんのり甘さを感じさせるさわやかなレモンの香りが広がる。中身はこんな感じの9個入り。チョコはしっかり全体にかかっているので、中にはくっついているものもある。

断面

失礼して噛み割らせてもらうと断面はこんな感じ。生地は中までしっかり焼きあげられていてもろくサクサクした歯ざわり、塩気と小麦の滋味を感じるもの。チョココーティングは甘酸っぱく、パイの塩気や歯ざわりがうまくそれを引き立てているようだ。

原材料

原材料を見てもイーストや酵母は使われておらず、無発酵かつ油脂を折り込んで幾重にも重なった層状の生地という文字通りのパイであると言えるだろう。そして水分少なくしっかり焼きあげられた生地はもはや焼き菓子の範疇、レモンチョココーティングのサクサク食感一口パイといううたい文句そのままのおいしいパイ菓子。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

フリトレー マイクポップコーン 九州しょうゆ味:甘さと旨味がしっかり利いた焼きとうもろこし風味

フリトレー マイクポップコーン 九州しょうゆ味

今日食べたのは、フリトレー『マイクポップコーン 九州しょうゆ味』。

マイクポップコーン 九州しょうゆ味|商品情報|ジャパンフリトレー株式会社

説明書

九州独特のコクのある甘口醤油と桜島どりエキスパウダーを使用した、豊かな香りと旨味の和風ポップコーンらしい。

外観

封を切ると香ばしい焦がし醤油の香りが広がり、どこか縁日の焼きとうもろこしを思わせる。少し皿に取り出してみるとこんな感じ。意外と白っぽい見た目だが、全体に薄く醤油と旨味のパウダーであろう茶色い粉がまぶされているのがわかる。

口に放り込むとしっかり出汁の利いたしょうゆ味を感じた。甘口醤油ということだがその甘さはいわゆる甘辛・甘じょっぱいと言うほどではなく、隠し味よりは前に出てきているというくらいのもの。そしていい具合に醤油と出汁の味わいを引き立てている。出汁自体も単にチキン系だけでなく奥の深い風味で、おそらくほかに何種類かの出汁を併用しているに違いない。ポップコーンならではのふわりとサックリ軽い歯ざわりはいつもながら。

原材料

原材料を見るとやはりチキンエキスだけでなく、酵母、かつお、昆布のパウダーを使用しているようだ。絡みは感じなかったが唐辛子パウダーも入っていて、味を引き締める役割をしているのだと思われる。そっけない見た目に反してしっかり豊かな味わいと風味の和風テイストポップコーン。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

北海道乳業 聘珍茶寮 杏仁プリン:杏仁風味とミルクプリンのハイブリッド

北海道乳業 聘珍茶寮 杏仁プリン

今日食べたのは、北海道乳業『聘珍茶寮 杏仁プリン』。

中国料理の名店『聘珍樓』との、今年で3年目となるコラボレート企画品。医食同源にもこだわる老舗「聘珍樓」の杏仁豆腐と「北海道乳業」の良質な北海道産乳とがコラボレートした、ほのかなジンジャーが隠し味のまろやかなプリンらしい。

中国料理・広東料理「横浜中華街 聘珍樓 へいちんろう」オフィシャルサイト

中身

蓋を開けると杏仁豆腐ならではのアーモンドの香りがあふれ出す。純白のプリンはプルプルと揺らめき、食感への期待をかきたてた。

ひとすくいしてみると具やソースなどは入っていない様子。そのまま口に運ぶと舌に感じる見た目どおりのひんやりプルンとした食感、上あごとの間で押しつぶせばほろりと崩れ、程よい甘さとミルキーな味わいが広がってゆく。

原材料

原材料を見るとまず最初に来ている生乳・乳製品がミルキーな味わいを、ゼラチンと寒天の併用がプルンとした食感をかもし出しているのがわかる。また風味付けにはアーモンドエッセンスではなくちゃんと杏仁を使っており、高い香りもうなずけるというもの。本格中華の名店に恥じない風味と北海道の良質な牛乳がともに味わえる、香り高いまろやかプリン。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

森永乳業 焼プリン バニラの極:あふれるバニラととろける食感

森永乳業 焼プリン バニラの極

今日食べたのは、森永乳業『焼プリン バニラの極』。

焼プリン バニラの極 | デザート | 商品紹介 | 森永乳業株式会社

バニラの素材とその味わいにこだわって、とろりとしたなめらかな食感に仕上げた焼プリンらしい。リニューアルして以前のものより濃厚な味わいとなったようだ。

中身

なるほど極みと言うだけあって、蓋を開けるとたちまちバニラの香りがあふれ出す。洋酒か何かも入っているのかちょっとすっとするような香りが印象を引き締め、甘ったるくなるのを防いでいるようだ。

表面の焼き目をぷつりと突き破ってひとすくい。具やソースなどは入っていないようだ。そのまま口に運ぶと、プリン自体は舌の上でとろりとろけるゆるめのタイプ。コクも甘さも程よい具合でいいのだが、ここに至ってバニラが少々香りすぎてうるさく感じてしまった。

原材料

原材料を見ると液卵、乳製品がはじめに来ており、ゼラチンを併用して素材の味わいを活かしつつうまくとろける食感に仕上げているのがわかる。洋酒を利かせてキレのある香りに仕上げた、とろける食感のバニラプリン。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

フリトレー チートス バナナあじ:シナモン香る甘じょっぱスナック

フリトレー チートス バナナあじ

今日食べたのは、フリトレー『チートス バナナあじ』。

チートス バナナあじ|商品情報|ジャパンフリトレー株式会社

説明書

サクッとした食感のコーン生地にシュガーたっぷりの甘いバナナチップとシナモンの風味をつけ、やや粗めの塩で味を引き締めた絶妙なおいしさでやみつきになる味わいのスナックらしい。

外観

封を切り、ひとつ手にとってみるとこんな感じ。シナモンパウダーであろう茶色い粉がまぶされているのがわかる。バナナ味のスナックというとえてしてやたら甘ったるい香りがするもの。しかしこれはむしろシナモンがよく香り、甘いながらも刺激的な風味となっている。

口に放り込むとこれまた意表を突かれる甘じょっぱさ、どちらかというと塩気が勝ってすらいる。ザクサクと噛み締めて塩味が流れると、バナナのほのかな甘さと香りがふんわり浮かび上がってくるようだ。

原材料

原材料を見ると塩だけでなくチーズパウダーも使われているようだ。これが塩の角を取り、甘さと調和させているのだろう。シナモンもバナナパウダー以上に入っていて、その香りようもうなずけるというものだ。子供向けのように見せかけて、意外とおつな甘じょっぱスナック。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

プロフィール

カクヘニソムス

Author:カクヘニソムス
ライターのお仕事などありましたら、コメントやTwitter等にてお声かけください。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
モラタメ
Gremz
検索フォーム
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ