スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MOW 生チョコ仕立てでショコラフランボワーズ風……?

連日お届けしている「体感、実感!これが私のネクストプレミアム」モニター企画でいただいた『MOW(モウ)ストロベリー&フロマージュ』詰め合わせからのアレンジ、トリを勤めるのは生チョコ仕立て

MOW 生チョコ仕立てでショコラフランボワーズ風……?

グラスにMOW生チョコ、ストロベリーヨーグルト、ホイップクリームを重ね、ココアをふるって出来上がり……なのだが、やはりヨーグルトの色が薄くてほとんどホイップと見分けがつかない。当初はクラッシュゼリーを使おうと思っていたのだが、透明ではっきりきれいな赤いゼリーというのが手に入らなかったため急遽ヨーグルトにしたもの。

見た目はいまいちだが味はどうか。食べてみるとふわっと軽いココア風味のホイップとフルーティーでマイルドな酸味のヨーグルト、そしてビターな生チョコアイスが口の中で混じりあい、ハーモニーを奏でてこれはこれであんがい悪くない。

最後は少々不本意な結果に終わってしまったMOW生チョコアレンジ、折を見て再挑戦してみたい。

スポンサーサイト

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

MOW 抹茶とわらびもちで和スイーツ

昨日おとといに引き続き「体感、実感!これが私のネクストプレミアム」モニター企画でいただいた『MOW(モウ)ストロベリー&フロマージュ』詰め合わせから、今日は抹茶をアレンジ。

MOW 抹茶とわらびもちで和スイーツ

スーパーで売ってるきなこつきのわらびもちを使い、きなこはアイスにまぶしてわらびもちをまわりに添えてみた。

食べてみるとMOW抹茶の深みのある苦味と香りにきなこの香ばしさとじゃりじゃりした食感が加わって一味違った趣となっている。添えたわらびもちは見た目涼やかで、その実冷たくなった舌をやさしく休ませるほどよい冷え具合。くにゅくにゅした食感もまた楽しい。アクセント的にちょっと黒蜜があればよかったかもしれない。

ともあれ手ごろな値段のわらびもちパックを加えただけで、風味豊かで目にも涼しげな和のスイーツになったように思う。

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

MOWバニラとマウントレーニアノンシュガーでアフォガート

今日も引き続き「体感、実感!これが私のネクストプレミアム」モニター企画でいただいた『MOW(モウ)ストロベリー&フロマージュ』詰め合わせからバニラをアレンジ。

MOWバニラとマウントレーニアノンシュガーでアフォガート

皿にとったMOWバニラに、同じく森永乳業の『マウントレーニア ノンシュガー』(カフェラテ)を温めて上からかけたアフォガート風。できればミルクも入ってないブラック無糖のエスプレッソがよかったが、あいにくラインナップにないようなのでノンシュガーでやってみた。

食べてみるとコクのあるバニラアイスにふわりとエスプレッソの香りが漂い風味を増している。ミルクが入っている分苦味や味わいがマイルドでちょっとパンチは足りないかも。エスプレッソにこだわらず、濃い目のドリップコーヒーでもよかったかもしれない。

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

MOW ストロベリー&フロマージュ キウイソースがけ

『MOW(モウ)ストロベリー&フロマージュ』詰め合わせ

森永乳業MOWの「体感、実感!これが私のネクストプレミアム」モニター企画に当選し、先日『MOW(モウ)ストロベリー&フロマージュ』詰め合わせ(ストロベリーx4、バニラx2、抹茶・チョコ各1)が届いたので早速試食してみる。といってもこれ自体は以前食べたので、今日は簡単なアレンジをしてみた。

MOW ストロベリー&フロマージュ キウイソースがけ

まあアレンジといってもそんなたいそうなものではなく、デッシャーで皿にとったところにすりおろしたキウイをソースに見立ててかけただけ。鮮やかな緑が薄桃色のアイスに映えて思ったよりいい感じになったと思うがどうだろう。

食べてみると、ストロベリーの甘酸っぱさをまとわせた濃厚なチーズ風味のアイスに、キウイのソースがさらにフレッシュな酸味を加えてさっぱりとフルーティーな味わいとなったようだ。種のカリカリ感もいい。またキウイにはビタミンCが多く含まれるのでヘルシーでもある。

簡単きれい健康美味と4拍子そろったアレンジ、まれに見る大成功と自画自賛してみる。

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

Familia Original Swiss Müesli

Familia Original Swiss Müesli

今日食べたのは、Familia『Original Swiss Müesli』。スイスのシリアルメーカー、Familiaの製品。以前食べた『Country Farm Tropical Muesli』同様、押し麦にドライフルーツやナッツなどを加えた砂糖不使用のシリアルだ。

原材料

原材料を見るとオート麦や小麦のフレーク、ナツメヤシ・リンゴ・バナナが入ったフルーツフレーク、レーズン、きびフレーク、ヘーゼルナッツ、アーモンドなどが入っているらしい。

1食分50g

1食分50gを取り出してみた。『トロピカルミューズリー』よりも多少かさがある印象。麦の香ばしさとともに、ほんのりドライフルーツの甘酸っぱい香りもする。

麦とフレーク、レーズン、ナッツが入っている

普通の押し麦のようなのが小麦フレーク、ひび割れた茶色い皮から白い中身が見えているのがオート麦フレークだろう。どうも逆だった模様。ひび割れの入っていないのがオート麦、ひび割れているものが小麦らしい。赤茶色のフレークは量からしてフルーツフレーク、きびフレークはちょっとどれがそうなのかわからない。ヘーゼルナッツ、レーズン、アーモンドも確認できた。

一口食べてみると押し麦はやや固め、こういったものの常で少々粉っぽいが、ほんのり素材の甘みを感じられる。レーズンが口に入るとそれなりに甘いが、そうたくさんは入っていないので甘すぎるということはない。むしろ普通に食べるには甘さが足りないくらいだろう。

水を加えて加熱調理

あいにく牛乳は切らしていたので、水をひたひた程度に加えてレンジで加熱調理してみた。フルーツフレーク?はかなり溶けやすく、水を注いだ時点でとろっと溶けかけるほど。加熱後はすっかり水分を含んでしまってぽってりした感じになった。

砂糖なしシリアル入りはったい粉

食べてみるとやはり結構ねっとりした口当たり、麦の味が前に出てきてより甘さ控えめというかぜんぜん甘くないと言ったほうがいいだろう。麦の香ばしい香りもあいまって、なんだかちょうどはったい粉(麦焦がし)を砂糖なしで練ってシリアルを混ぜたような味わいとなっている。これはもう少し水分大目にして、蜂蜜やドライ・フレッシュフルーツなどで甘さを補うかいっそ塩味のおかゆにしたほうがよさそうだ。

ドライでもポリッジでも、ちょっとそのままでは食べづらい感じ。逆に言えば各自の好みに合わせて調味するのがお勧め。オリジナルというだけあって原点に近い本格的なシリアルと言えそうだ。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

アカギ ガリガリ君 元気ドリンク味(棒)

アカギ ガリガリ君 元気ドリンク味(棒)

今日食べたのは、アカギ『ガリガリ君 元気ドリンク味(棒)』。蜂蜜やりんご・パイン果汁を使用することにより、食べやすくやさしい味わいに仕上げた栄養ドリンク風味のガリガリ君らしい。

外観

封を切るとまさにあの黄色い炭酸の栄養ドリンク風の香り。取り出すとこんな感じ。今日は暑くてすでに融けかけている。

断面

失礼して噛み割らせてもらうと断面はこんな感じ。写真ではわかりづらいが、中まで一様に凍ったアイスキャンデー風ではなくちゃんとカキ氷状になっている。味はというと当然炭酸風味はないわけだが、栄養ドリンクならではの苦味というか渋みというか一種独特の風味はやや弱め。冷たいせいなのかそういう味付けなのかはよくわからない。印象としては青いソーダ味に若干栄養ドリンクを混ぜた、というところ。

原材料

原材料を見るとうたい文句どおりリンゴ・パイン果汁や蜂蜜がしっかり入っているのがわかる。キンと冷えた栄養ドリンク感が味わえる、お手ごろ価格の棒アイス。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

イーストを使ったパンに挑戦

天パンがパンでパンパン

半端に残っている強力粉の処分をかねて、クイックブレッドではなくイーストを使った普通のパンに挑戦してみた。粉300gで作ったら思いのほか膨らんで、まさに天パンがパンでパンパン。

きめが荒いような気がする

断面を見るとちょっときめが荒いような気がする。もしかして1次発酵後にもっとしっかりガス抜きしたほうがいいのかしら。

食べてみるとなかなかのふわふわもちもち食感で小麦の味も感じられてなかなかよかったが、もちもち感は見てのとおり焼きが甘いせいなのかもしれない。多少イースト臭も気になった。まあパンを焼くのは小学校以来の2回目くらいなのでこんなものだろう。

次回はもっとうまく、と言いたいところだが強力粉は使いきったので、次からは中力粉でフランスパンっぽいのに挑戦していきたい。

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

コイケヤ すっぱムーチョチップス さっぱり梅味

コイケヤ すっぱムーチョチップス さっぱり梅味

今日食べたのは、コイケヤ『すっぱムーチョチップス さっぱり梅味』。

説明書

梅の風味を引き出してあとひくすっぱさに仕上げた、ほっと和める幸せな味わいのポテトチップスらしい。

外観

封を切るとふんわり爽やかな梅の香りが漂う。一枚手にとってみるとこんな感じ。ところどころほんのりピンクに染まったチップスに、梅であろう赤い粒と、海苔か何かだろう緑の粒がまぶされている。

口に放り込むと、とげとげしくなくちょうどいいくらいの程よい梅の酸味が広がった。それとわからぬくらいの甘みが隠し味となって酸味に丸みを与え、さっぱりしつつもいやみのない味わいとなっているようだ。

原材料

原材料を見るとアオサが入っており、緑の粒はどうやらこれのようだ。また梅酢エキスパウダーや粉末酢、粉末梅肉といった酸味の素と砂糖、ブドウ糖などの甘味の素がバランスよく使われ、爽やかかつまろやかな味わいをかもし出していることがわかる。刺激控えめで和める酸っぱさのポテトチップス。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

オハヨー ハーシーチョコプリン チョコミント

オハヨー ハーシーチョコプリン チョコミント

今日食べたのは、オハヨー『ハーシーチョコプリン チョコミント』。おなじみ『ハーシーチョコプリン』にミントの風味がマッチしたクールな味わいのプリンらしい。

中身

蓋を開けると一見見た目は普通のチョコプリン。しかし香りは確かにチョコに負けず劣らずミントが主張している。具やソースなどは入っていない。

口に運ぶと舌の上でたちまちとろけるゆるい食感、チョコの風味とミルクのコクにあふれた間違いのないおいしさ。ミントの味はほんのり後味として感じられる程度で、あのスースー感が苦手でも問題なくおいしいチョコプリンとして食べられた。だがやはりミントの香りはしっかり感じられるので、申し訳ないが正直言って歯を磨いた直後にチョコプリンを食べているような不思議な感覚。

決してまずくはないが、私自身の好みを言えば普通のチョコプリンのほうがいい。まあそもそもミントチョコ味というとこんなものなのかもしれないが。

原材料

原材料を見るとペパーミントエキスは洋酒と香料の間、かなり量としては少ないことがうかがえる。にもかかわらずこれだけ香るというのはなかなかミント恐るべしといったところか。ともあれ重くなりがちな濃厚チョコプリンにすっきりした風味が加わった、夏向きのカップスイーツ。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

明治 ブルガリア 濃くておいしいヨーグルト レアチーズ

明治 ブルガリア 濃くておいしいヨーグルト レアチーズ

今日食べたのは、明治『ブルガリア 濃くておいしいヨーグルト レアチーズ』。

原材料

ミルクのおいしさをぎゅっと濃縮し、生クリームを使用した贅沢な味わいの高密度なヨーグルトが口の中でほどける新食感が特徴の『濃くておいしいヨーグルト』。水分を切って濃度を高めた、いわゆるギリシャヨーグルトというやつだ。これはその新製品、デザートとして人気のレアチーズケーキ味に仕立てたものらしい。

中身

蓋を開けると一面真っ白なヨーグルト。具やソースなどは入っていないようだ。口に運ぶとそのまったりと濃厚な舌触りはレアチーズケーキ風味というよりむしろヨーグルト風味のレアチーズケーキ。さっぱりした酸味とそれが無理なく食べられるだけの控えめな甘さが生クリームとヨーグルトの濃厚な味わいを引き立てている。

同じく食べきりサイズのギリシャヨーグルトに以前取り上げた森永乳業『PARTHENO』があるが、だいぶ前のことで印象が薄れているため、いずれこちらとも食べ比べしてみたい。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

プロフィール

カクヘニソムス

Author:カクヘニソムス
ライターのお仕事などありましたら、コメントやTwitter等にてお声かけください。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
モラタメ
Gremz
検索フォーム
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。