バナナブレッド

バナナが安かったのでバナナブレッドを焼いてみた。レシピはみんなのきょうの料理のものを用い、きび糖とごま油(白)を上白糖とオリーブオイルに代え、オーブンシートもないので丸型を用いた。

焼き上がり

焼き上がり。型のおかげかもしれないがまあ見本程度の膨らみ具合か。ふわっとバナナの香りが立ち上る。

切り分けた

十分冷まして切り分けたところ。当然といえば当然だが、卵を入れるといともたやすく気泡を維持したまま焼きあがった。

ちゃんとスポンジになってる

一切れ取り出してみる。きめはだいぶむらがあるが一応団子にもならずスポンジ状に焼けているようだ。

食べてみると、ふんわりでもしっとりでもなく、よく言えばさっくり、悪く言えば少々ぱさついた口当たり。油もそんなに入ってないし、そもそもがケーキではなくバナナ“ブレッド”なのでこんなものなのかもしれない。味はといえば、使ったバナナが完熟というにはまだ早いこともあってかなり控えめな甘酸っぱいものになっていた。下手にだだ甘になるよりはずっといいが、さすがに物足りなさは否めない。この段階ではバナナの香りも弱め。バニラエッセンスなど入れてもよかったかもしれない。

思いつきでいきなり作ったにしてはうまくできた、というか卵を入れただけであっさりできてしまうことに少々複雑な心持である。

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

雪印メグミルク 栗原さんちのおすそわけ とろけるパンナコッタ ほろにがカラメルソース

とろけるパンナコッタ

今日食べたのは雪印メグミルク『栗原さんちのおすそわけ とろけるパンナコッタ ほろにがカラメルソース』。ちゃんとしたパンナコッタは食べたことがないが、さてこれはどういった味なのだろう。

カラメルソースがついているが、まずはそのものの味を見るべく一口。うん、これはまさにその名のとおり、「クリーム(Panna)を煮(Cotta)」てゼラチンで固めたものだ。要はコクのある牛乳ケミカルプリン。口当たりもまあとろけると言っていいくらいには柔らかい。

ほろにがカラメルソース

次にほろにがカラメルソースをかけて一口。これはまたほろにがと言うかほんのりにがくらい? パンナコッタ本体がけっこう甘いので、ソースで味のアクセントをつけるというより実質カラメルの風味を加えるに留まっている。いくらなんでももう少し苦味を効かせるか、本体の甘みを控えたほうがいいんじゃないかしら。

取り立てて特徴のない味ではあったが、おすそわけとあるように家庭でもわりと簡単に作れそうなスイーツであるので、その際にひとつの味の目安にしてもいいかな、とは思える普通においしい一品。

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

ミルクティー蒸しパン

ミルクティー蒸しパン

今日はなんだかバタバタしてたのでパパッと簡単に、水の代わりにミルクティーで作ってみた蒸しパン。市販の加糖紙パックのやつなので、砂糖を手控えたら全く甘くないのができてしまった。しかし大丈夫、もとのミルクティーと一緒に食べればなんら問題はない。しかし蒸すから香り飛んじゃうかと思ったが、案外紅茶の香りが残ってて驚いた。さすが香料といえよう。

余談だがブログに上げてる写真はスマホで撮ってる。これがどうもホワイトバランスがおかしくて、オートだと今回のように白っちゃけてさっぱりおいしそうに撮れないし、ましに見える日光モードだと全体にかなり黄色くなってしまう。やっぱり専用機……ちゃんとしたカメラ買わないとダメかしら。

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

ヤマザキ スイートデニッシュ チーズ風味

ヤマザキスイートデニッシュチーズ風味

今日食べたのはヤマザキ『スイートデニッシュ チーズ風味』。デニッシュ生地にチーズ風味のケーキ生地を巻き込み、アーモンド風味のケーキ生地を乗せて焼き上げたものらしい。以前別のメーカーでデニッシュだかクロワッサンだかにクッキー生地をかぶせたものを食べたが、クッキー生地がぽろぽろこぼれる上にやたら甘くてだいぶデニッシュの風味を損なっていた。ヤマザキのこのパンはさてどんなふうに仕上がっているだろうか。お手並み拝見である。

ケーキ生地というよりシュガーバターに見える

現物はこんな感じ。載っているケーキ生地はだいぶ油が浮いていて、ぱっと見はどちらかというとシュガーバターのように見える。

ケーキ生地が折り込まれている

割ってみたところ。薄く折り重なったようになったデニッシュ生地の中に、目の詰んだケーキ生地の層があるのがわかると思う。チーズとかアーモンドとかあったが、香るのはもっぱらバターのようだ。

食べてみるとやはりというか、柔らかくデニッシュともケーキともつかない口当たり。少なくともデニッシュのさっくり感はない。上に乗っているケーキ生地は見た目どおりだいぶ油でしっとりしているが、その分本体によくなじんでいて悪くはない。

うたい文句には少々疑問符をつけざるを得ないが、デニッシュとかチーズとかは忘れてそれ単体としてみれば、バターの風味豊かで柔らかくしっとり、それでいてそこそこ歯切れもいいおいしい菓子パンだと言えるだろう。いささか油でぺたつくのは減点対称ではある。

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

残ったおでんを使って大根めし風玄米リゾット

大根めし風玄米リゾット

昨日のおでんの残りで大根めし風の玄米リゾット作ってみた。おでんの煮汁で玄米を炊いて、鍋底でたっぷり味が染み込んだ大根を荒く刻んで混ぜ、仕上げに別途塩茹でした大根の葉を散らせば出来上がり。

味はよかったけれど、薄味の出汁だからと思って煮汁たくさん使いすぎてだいぶ濃い口になりすぎてしまった……大根の味がぜんぜんわからない。次するときは加減しなければ。

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

森永乳業 MOWロイヤルミルクティー

MOW ロイヤルミルクティー

先日出たばかりの期間限定品、森永乳業『MOWロイヤルミルクティー』を食べてみた。アッサムとダージリン、2種類の茶葉から抽出した濃厚な紅茶エキスを使用し、紅茶の風味とミルクのコクのハーモニーにこだわったものらしい。

中身

中身はこんな感じ。ふちがぐるっと削れてるのはもともと。茶葉が混ざってたりはしない模様。一口食べるとまずはふわっと紅茶の香りが立つ。銘柄ごとの香りを区別できるほど紅茶に親しんでないので申し訳ないが、いかにもミルクティという感じの香りだった。どれだったか以前飲んだペットボトルのそれにもよく似ている。リプトンの紙パックミルクティとはちょっと違う感じかも? また舌には甘さと紅茶の風味が広がり、意外にもミルクのコクはやや控えめに後味として現れてきた。アイスという冷たい食べ物である分、紅茶の風味より脂肪の味の立ち上がりが遅くなったのかもしれない。

さてまた申し訳ないことだが、室内が寒かったこともあってか正直二口目からは紅茶の香りがわからなくなってしまった。それでもひとさじごとに紅茶の風味とミルクのコクが立ち代り現れて、甘さ控えめで上品な味わいが寒さを忘れさせる。ロイヤルミルクティとしてはどうなのかなと思わないでもないが、単体で見ればなかなか悪くない一品だった。

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

はったい粉ブレッド強力粉三割版

今日もはったい粉ブレッドを焼く。薄力粉5強力粉3はったい粉2の割合であとは同じ。作る過程はおんなじなのでダイジェストで。

焼く前

焼く直前の生地。

焼き上がり

そして焼き上がり。2倍から2.5倍くらいには膨れてるか。口を開けるというほどではない。

内部

内部。ところどころに大きな気泡があるのは生地のむらによるものだろうか。

焼き立てでまだ蒸気が抜けてないときはもちろん、冷まして冷蔵庫で冷やしてもなおふんわりとまではいかずとも十分柔らかく焼けている。口を開けるとか開けないとかは所詮ひとつの目安に過ぎないと思うし、これ以上手をかけるのも本来の目的から外れているので、この方面の追求はここまでにしたい。

味のほうも強力粉を加えてだいぶパンらしくなった。こちらももうこの辺でよしとする。あとは手間、時間、材料をどこまで省けるか。現在粉合わせて100gに対しベイキングパウダーは小さじ3/2入れているが、できるだけ減らして小さじ1/2までにしたい。あと生地を休ませる時間もできるだけ短くならないか、今後はこちらを試していこうと思う。

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

カルビー ポテトチップス 贅沢塩キャラメリゼ

ポテトチップス 贅沢塩キャラメリゼ

今日食べたのはカルビー『ポテトチップス 贅沢塩キャラメリゼ』。フランス産ロレーヌ岩塩とキャラメル風味のフレークで味付けした甘じょっぱい味わいとの事。

塩とキャラメル風味フレークの粒が見える

チップス自体はこんな感じ。塩と、茶色い粒が見える。この茶色のがキャラメル風味フレークだろう。食べてみるとふわっとキャラメルの風味が舌に甘く、そしてポテトチップスの塩と油とジャガイモの味がしてくる。キャラメルの甘さは本当に最初ふわっと広がるだけで、どちらかというと塩が勝った味わい。だが変に甘みと塩味が喧嘩するよりもこの方がいい。甘さは香水のトップノートとでもいうか、一本調子にならないための遊び心というところだろう。なかなかお勧めである。

テーマ : お菓子
ジャンル : グルメ

はったい粉ブレッド&きなこバターサンド

今日は薄力粉8割とはったい粉2割でクイックブレッドを焼いてみる。

このくらいの水加減混ぜ加減

水加減混ぜ加減はこんなところ。この状態で1時間弱休ませる。

焼成前

いつもどおり切り分けたところ。

焼成後

焼き上がり。一つはぱっくり口を開いてるし、まあいくらか膨らみは良くなったか。

内部

内部もあまり変わりはないが、冷めてもそれなりにふわっとしてるように思う。

食べてみるとはったい粉の香りはいいのだがどうもあっさり目というか薄味。塩加減のせいだけではないと思う。とりあえず脂をすり混ぜるよりは生地を休ませた方がいい結果が出るようなので、味の向上を図るべく強力粉を混ぜていきたい。次回は薄力粉5、強力粉3、はったい粉2でやってみる。

そしてそろそろきなこバターも何とかしないとならない。クラッカー焼くことも考えたがここはお手軽に東ハト『ハーベストセサミ』でサンドしてみた。

このぐらい乗っける

1枚にこれぐらい乗せてもう一枚を乗せ、うまくなじませながら広げていく。

こんな感じになる

見てのとおりきなこバターはごく薄めにしてみた。一口噛み割るとハーベストのさくっとした歯応えと胡麻の香り、それが噛むごとにバターのねっとりした舌触りとコク、そしてきなこの香りと交じり合っていく。華やかさはないがまさにオツな味である。時間を置くとハーベストがきなこバターの水分を吸ってしんなりしてしまうが、その分なじんでこれはこれでうまい。

和の香り漂うシックな大人のティータイム?

はったい粉ブレッドとともにホットミルクでいただけば、どこか和の香り漂うちょっとシックで大人のティータイムになった……かしら?

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

ヤクルト カップdeヤクルト

カップdeヤクルト

ヤクルトの『カップdeヤクルト』を食べてみた。カロリー100kcal、乳酸菌シロタ株が生きて腸に到達、ヤクルトの風味と生クリームが絶妙にマッチしたコクのある味わい、という触れ込み。

ソースや具材は入ってない

中はこんな感じ。底にソースが敷いてあるとか何がしかの具材が入っているとかはなく、全体に一様なもののようだ。一口食べると「あっ、確かにヤクルトだ……コクもある」と思ったが、食べ進めるとヤクルト風味はややインパクトが薄れ、プレーンヨーグルトにヤクルトシロップとクリームを混ぜて固めたような味、という感想に落ち着いた。よくあるメジャーどころを別ジャンルで再現してみたという域を出ていないので、安ければまあ買ってもいいかな、くらいの印象。カロリーとか乳酸菌とかは別に無糖無脂肪のヨーグルトでいいしね。

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

プロフィール

カクヘニソムス

Author:カクヘニソムス
ライターのお仕事などありましたら、コメントやTwitter等にてお声かけください。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
モラタメ
Gremz
検索フォーム
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ