水無月:厄を祓い暑気を払う夏越の祓のお菓子

水無月

今日食べたのは、『水無月』。

ちょうど一年の折り返し、“夏越の祓”である今日、6月30日に食べる和菓子。

今年前半の厄を祓うために魔除けの小豆、暑気を払うためにはういろうを三角に切って氷を表わす。

冷蔵庫のある今ではさらに、ひんやり冷やして一層の涼感を誘う。

小豆のしっとりした甘さ、もっちりしたういろうの吸い付くような舌触りが、蒸し暑い夕べに安らぎを運んでくれた。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

中力粉でシフォンケーキ

ふと思い立って、シフォンケーキを焼いてみることにした。ただ、今薄力粉はなくて中力粉と強力粉しかない。まあ中力粉でもなんとかなるだろうと、そのままチャレンジ。

シフォンケーキの作り方

レシピはこちらを参考にした。薄力粉を中力粉に買えただけであとはそのまま。

まずまずの焼き上がり

焼き上がりはこんな感じ。まずまずの膨らみようだがはたしてどうか。

思った以上にふわふわで思わず型崩れ

逆さにして十分冷まし、型から外してみると思った以上にふわっふわ。柔らかすぎてちょっと型崩れしてしまった。中力粉にもかかわらず、以前ホットケーキミックスで作った時とは比較にならない軽い手ごたえに少々驚き。

自家製ストロベリーソースを添えて

カットして自家製のストロベリーソースでいただく。手ごたえどおり実にふんわり軽い口当たり、甘さも控えめで食べやすい。特に香料も入れてないプレーンだが卵の匂いも気にならず、ストロベリーソースが染み込んだところがまた甘酸っぱくてよろしい。

しかしこのシフォンケーキというやつ、何が面倒くさいって型を洗うのが厄介。生地を吊り下げてしぼまないようにするために、底にも側面にもしっかり焼き付いててちょっと水につけておいたくらいではたわしでこすっても落ちやしない。アルミの型なので、下手に力を入れると歪みそうなのがまた悩みどころ。これなんとかスルッと落とせないだろうか。

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

カメノテ:見慣れてはいるが食べたことはない珍味、それはエビ風味のイカ

カメノテ

今日食べたのは、『カメノテ』。海岸の岩の隙間などで見かけるあれだ。

塩水で10分茹でたところ

調理は簡単、塩水で10分ほど茹でるだけ。粗熱を取ったら爪の付け根から腕の部分の黒い皮を剝く。

腕の部分を剥くと現れる、これが可食部

表れた薄ピンクのこの部分が食べるところとなる。

魚卵が詰まったイカの胴、という風情の断面

切ってみると中はこんな感じ。ちょうどイカの胴に魚卵を詰めて煮たような感じになっている。

食べてみると食感もまさにイカのような弾力のある歯ごたえ、そこにエビに似た味わいが乗っている。オレンジの部分は実際にはワタだろうが特に癖も歯ごたえもない。

爪の中に入っている黒い脚はジャリジャリして食べられない

ちなみに爪の中にはこんな感じの黒いほうきのようなものが入っているが、ジャリジャリした歯触りで食べられない。これはカメノテの足で、これで水中の有機物をかき集めるようにして食べている。こんな姿をしているがエビやカニと同じく甲殻類なのだ。

ちょっと薄味だがなかなかいける、まさに珍味のシーフード。

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

土曜は森永ホットケーキミックス 第11回:自家製イチゴジャムのマーブルシフォンケーキ

森永ホットケーキミックス1年分

いただいた森永ホットケーキミックス1年分を使って、毎週土曜はホットケーキを食べようのコーナー、第11回。

今回はまたシフォンケーキを焼いてみた。例によって森永天使のお菓子レシピを参考に、プレーンで作った生地に自家製のイチゴジャムを垂らして型に流し入れ、焼き上げる。

和シフォン | 天使のお菓子レシピ | 森永製菓株式会社 イチゴジャムのマーブルだけども色が薄すぎてわからない

前回よりも高さが出ていればよかったが、どっこい程度か。また狙いどおりマーブルになってはいるものの、色が薄すぎてよくわからないのは残念。形の残ってる苺の周りもべとついてあんまりよくないので、次やるときはブルーベリーとかもっと色の濃いものの液体部分だけにしようと思う。

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

土曜は森永ホットケーキミックス 第10回:再開、そしてリベンジの水切りヨーグルトティラミス

森永ホットケーキミックス1年分

いただいた森永ホットケーキミックス1年分を使って、毎週土曜はホットケーキを食べようのコーナー、第10回。

年度末で忙しくしばらくお休みしてたが、第8回のティラミスがちょっとTwitterで話題になったのでリベンジを兼ねて再開。

マスカルポーネの代わりにビヒダスヨーグルトでティラミス

今回はマスカルポーネの代わりに、ビヒダスヨーグルトを水切りヨーグルトにしてティラミスを作ってみた。

出たホエーでホットケーキを仕込む

水切りヨーグルトにすると当然出るのがホエー。これも無駄にせず、ホットケーキを焼く際に牛乳の代わりにした。卵を加え、インスタントコーヒーを3杯分。よく混ぜたところに粉を加えてコーヒーケーキの生地は完成。

卵黄に砂糖とクックゼラチン

水を切ったとはいえマスカルポーネより水分が多いので、卵黄を湯煎にかける際に砂糖と一緒に森永クックゼラチンを一袋追加。これで固めてやればビシャビシャにはならないだろう。

クリームとコーヒーケーキを重ねる

字が書けるほどもったりしたところで水切りヨーグルトとラムエッセンス、メレンゲを加えてコーヒーケーキと重ねていく。水気を減らすため、今回コーヒーシロップは使っていない。

ココアを振って一晩なじませる

ココアを敷き詰めたら一晩冷蔵庫でなじませてやる。

出来上がり。たっぷりのカプチーノを添えて

出来上がり。狙い通り水も出ず、しっかり固まってくれた。たっぷりのカプチーノでいただく。ねっとりなめらか、濃厚でありつつもヨーグルト由来のほのかな酸味で意外とさっぱり。

課題としてはケーキ生地やクリームをうまく半分に分けられず、上の段が薄くなってしまったのを何とかしたい。いっそホットケーキミックスを2袋使って分厚い2枚にし、クリームもホイップを混ぜて増量するといいのかも。また水分が出なさ過ぎてケーキのしっとり感が足りなかったので、やはりコーヒーシロップを染み込ませてやろうと思う。

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

カクヘニソムス

Author:カクヘニソムス
ライターのお仕事などありましたら、コメントやTwitter等にてお声かけください。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
モラタメ
Gremz
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ